CO2排出量削減の取り組み

事業活動を通じて気候変動対策を行い、「脱炭素社会」への移行を推進します。

熊谷組は、カーボンニュートラルへの取り組みを経営課題に位置付け、CO2排出削減、再生可能エネルギー事業の展開強化に取り組んでいます。

2010年よりエコ・ファースト企業として、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを推進しています。
2021年2月には、事業活動において使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指すRE100に加盟し、温室効果ガス排出削減の中長期目標を見直しを行い、SBT認定を取得、脱炭素化に向けて大きく舵を切りました。

熊谷組はSBT認証、およびRE100の参加を維持し、自社の事業活動で使用する電力は、2050年までにすべて再生可能エネルギーにすることを目標としています。

目標の達成に向け、建設機械・車輌の省燃費運転の励行、再生可能エネルギーの利用等を行い、建物の大幅な省エネに貢献する「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」の普及促進などに取り組んでいます。
事業においては木造建築事業、再生可能エネルギー事業、森林保全事業などの推進によりCO2削減に貢献します。

さらに温室効果ガス排出に関わる地球温暖化などで激甚化する災害に対し、無人化施工などの技術で国土強靭化に貢献します。
  

5年間のCO2排出量

自社の事業活動でのCO2排出量(スコープ1+2)および自社の事業活動を除くサプライチェーン全体でのCO2排出量(スコープ3)を下表のとおり削減し、自社の事業活動でのCO2排出量(スコープ1+2)は、2050年カーボンニュートラルを目指します。

CO2 排出量の削減 2020年度目標と実績評価および2021年度目標(施工) 熊谷組単体

2020年度目標 2020年度実績 評価 2021年度目標
土木 39.4t-CO2 / 億円以下 33.4t-CO2 / 億円 達成 目安値 40.6t-CO2 / 億円以下
建築 10.2t-CO2 / 億円以下 9.7t-CO2 / 億円 達成 目安値 8.2t-CO2 / 億円以下

熊谷組グループの温室効果ガス削減目標

スコープ1:事業者自らによる温室効果ガスの直接排出
      (重機・車両使用など)
スコープ2:他社から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出
スコープ3:スコープ1、スコープ2以外の間接排出
      (熊谷組グループの事業活動に関連するサプライチェーン全体の排出)
 

※2021年度より環境目標を見直しました。
 CO2 排出の削減は、2030年の目標達成に向けて、毎年一定量ずつ削減する目安値を設定しています。

海外におけるCO2排出量について―華熊營造股份有限公司(台湾)

※華熊營造股份有限公司は2010年にISO14001認証を取得しました。

CO2排出量:原単位(電力起源)(作業所)
CO2排出量:総量(電力起源)(オフィス)

関連する事業活動

RE100の取り組み

木造建築事業の推進

再生可能エネルギー事業の推進

ライフサイクルでのCO2排出量の削減

国土強靭化への貢献

関連するプレスリリース