誰もがイキイキ働ける職場づくり

熊谷組は、「意欲と誇り、自信に満ちた社員に、多様な自己実現の場を提供する活力のある企業集団を目指す」という経営理念を掲げ、社員の多様性を尊重し、自己実現の場である職場環境整備を進めてきました。

全支店ダイバーシティ推進担当者会議を実施し、様々な属性の社員や事由のある社員がイキイキと働くことのできる環境を目指し意見交換を行っています。

職場環境の整備

現場の職場環境の整備改善、社内の制度や規程の見直しに取り組んでいます。

女性活躍推進

熊谷組では女性の活躍を推進するために、「職場風土の改善」「女性の採用拡大」「女性の職域拡大」「女性の継続就労支援」「女性管理職の増加」に取り組んでいます。

働く女性たちからのメッセージ

熊谷組で働く女性たちの想いをお届けします。

  > いつか作業所長を目指して
   (土木事業本部 技術センター 藤岡 朋美)
 

  > 誰もが活き活きと働く環境の実現に向けて
   (東北支店 土木部 西條 暁子)
 

  > 熊谷組の社員として日本の生活・仕事を楽しくしながら日々を過ごしている
   (首都圏支店 土木事業部土木部(直轄作業所) サンダー アウン)

意識啓発

熊谷組ではダイバーシティや女性活躍の推進、働き方改革など、社会的な要請の高まりに対して、会社の制度や仕組みを変革させるとともに、社長メッセージの発信・講演会研修会の開催、ポータルサイト開設など、さまざまなツールを用いて社員の意識を啓発しています。

高齢者雇用の状況

定年後65歳までの雇用を前提とした制度を運用しています。働く意欲と高い技術をもつ高齢者の雇用拡大とともに、技術力、営業力を途切れることなく次世代に継承し、社員および組織の活性化を図ることを目的としています。
2018年4月現在、326名の定年退職者が在籍しており、福利厚生の拡充など働きやすい環境の整備にも努めています。

障がい者雇用の状況

障がいを持った方も企業活動に参加できる環境を目指し、雇用を促進しています。2018年6月現在、障がい者雇用率は2.22%です。障がい者の方々が働きやすい環境整備や職域の開拓などを進め、雇用を拡大していきます。

女性管理職数

2018年7月に、エリア職からエリア総合職への転換で管理職となった女性社員は8名です。これにより当社の女性管理職数は、女性活躍推進法における一般事業主行動計画策定時点(11名)の約4倍となりました。