熊谷組のESG

熊谷組が長年にわたって手がけてきた建設業は社会の基盤を支える仕事でもあり、こうした本業を通じて社会に貢献していく姿こそが当社が目指す企業像です。国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)は2030年に向けた世界的な優先課題やあるべき姿を示しており、当社も事業活動を通じて貢献することができると考えています。

このような考えのもと、熊谷組は熊谷組グループビジョンのもと、事業活動を通じて社会課題の解決に貢献し、持続的成長による企業価値向上を目指していくため「ESG取組方針」を策定しました。

ESG取組方針

  1. 熊谷組は、環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)の視点から解決すべき重要課題(マテリアリティ)を特定し、持続可能な事業活動を追求していく。
  2. 熊谷組は、グループが保有する技術・経験・ノウハウを活用して新たな価値を創造し、SDGsに代表される社会課題の解決に貢献する事業活動を展開していく。
  3. 熊谷組は、事業活動を通じてステークホルダーとのコミュニケーションによる信頼関係の構築に努め、企業価値の向上を目指していく。
ESG課題
視点重要課題(マテリアリティ)個別課題関連するSDGs
E 環境に配慮した事業の形成
S 多様な人財が能力を発揮できる働きがいのある職場の実現
持続可能なコミュニティーの実現
G コーポレートガバナンスの強化
ステークホルダーとの関係強化