熊谷組は、「経営理念」に「企業市民としての自覚と責任を持ち、品位を重んじた行動により社会に評価される企業集団」を掲げ、真に存在意義を評価いただける企業を目指しています。また、「熊谷組行動指針」において、「人権の尊重と公平・平等」を宣言しています。

熊谷組グループは、すべての役職員がお互いの多様性を認め合い、事業に関わるすべての人の人権を尊重します。熊谷組グループは、人権方針に基づき、人権デューデリジェンスを実施します。企業活動による人権への負の影響を防止・軽減することを目的とし、リスクの特定や評価を行います。

人権デューデリジェンスは、「人権方針専門部会」という「サステナビリティ推進委員会」の下部組織により検討しています。

取り組み体制

取締役会:
執行サイドより適宜報告を受け、取り組み状況を監督、必要に応じ指導。

経営会議:
経営上の重要事項を審議。

サステナビリティ推進委員会:
ESG・SDGsの視点から企業の長期的な成長や持続可能な社会の形成に資する施策全般を検討。

人権方針専門部会:
人権方針の策定および人権デューデリジェンスの実施
 部会長:経営戦略室長
 部会員:人事総務部長、土木部長、建築部長、購買部長、協力会連携推進部長、国際管理部長、部長、部会長指名者(グループ会社含む)

人権に関する従業員への研修について

熊谷組では新入社員に対し、人権問題について研修を行っています。内容としては、①なぜ企業が人権を大切にするのか ②当社の人権に対する取り組み ③様々な人権問題(女性、障がい者、同和問題、ハラスメント全般)について理解を深める機会としています。

LGBTQに関する取り組み

性的指向・性自認に対する知識を正しく理解するため、新入社員研修時に基礎知識を学ぶ時間を組み込んでいます。また、LGBTQへの理解促進のために社内ポータルサイトにて啓発記事を掲載しています。社内規程において性的指向・性自認に対する差別的言動を禁止する項目を追加し、匿名で相談ができる社内相談窓口を設置しました。