1960(昭和35)年 熊谷組初のBCS賞・都道府県会館竣工

1960

1960(昭和35)年 熊谷組初のBCS賞・都道府県会館竣工

都道府県会館

建設場所の千代田区平河町は当時、住居専用地域に指定され、建築面積や高さに制限があったため、鉄筋をボックス型にするなど、空間をより有効に利用する工夫がなされました。
柱と梁の交差部は剛性が増すようにして、鉄板は当時導入され始めたアーク溶接で工場制作しました。様々な工夫が凝らされた建物は重厚さと優美さを兼ね備え、建築業界最高の栄誉であるBCS賞を受賞しました。
1999(平成11)年には、現在の地上16階建て、高さ77.1mの高層ビルに建て替えられ、これにも熊谷組が携わりました。

くま所長イメージ