1934(昭和9)年 三信鉄道受注

1934

1934(昭和9)年 三信鉄道受注

建設場所の天竜川渓谷は、かつて鉄道省が中央本線の敷設を検討し、地形上鉄道敷設は極めて無謀と断念したいわくつきの難所でした。 工事の難しさに加え、世界恐慌の影響による工事資金不足を懸念して誰もが工事を辞退する中、手立てに窮した三信鉄道側は三太郎に再三にわたって請負を要請しました。熟慮の末、莫大な金額の工事を一個人として請け負いました。当時の新聞記者はこれを「業者離れした果敢さ」と評しました。

くま所長イメージ