発注者 帝都高速度交通営団
竣工 2002年
構造・規模 泥水式MFシールド工法、外径縦径:φ7.2m、外径横径:φ16.2m、仕上内径:φ6.5m、トンネル延長:376m
所在地 東京都
用途 鉄道トンネル

東京メトロ 半蔵門線 清澄白河駅及び留置線を側部先行中央揺動型の3連シールドマシンにより構築しました。3連シールドでは初めての軟弱地盤の掘進となり、RCセグメントの採用も話題を集めました。