サステナビリティに対する考え方

熊谷組は1898年の創業以来、創業者 熊谷三太郎の言葉 「いつか世の中のお為になるような仕事をさせていただきたい」「難所難物(困難な工事)があれば、私にやらせてください」に込められている“誠実さ”と“挑戦心”を受け継ぎ、その時々の社会課題に対応し、社会の発展に尽力してきました。
創業の精神は現在も変わらず、熊谷組は事業を通して社会課題の解決に貢献するという誓いを立て事業を推進しています。

サステナビリティ推進委員会

熊谷組はかねてより、コンプライアンスを徹底したうえで、安全衛生、品質保証、環境保全のレベル向上により、お客様(ステークホルダー)から信頼していただき、日常の業務において「堂々とした」誠実なものづくりを実践することが熊谷組の社会的責任を果たすという考え方に基づき、CSR活動を行ってまいりました。

2022年度よりCSR推進委員会をサステナビリティ推進委員会に名称を変更しました。
CSRの考え方は継続しつつ、ESGの視点を持ち、財務・非財務の資本を統合的に事業で活用し、長期的な成長を実現し、かつ持続可能な社会の形成に貢献していきます。

目  的 熊谷組および熊谷組グループのサステナビリティ推進施策全般の検討
開催回数 適宜(2021年度は3回)
委 員 長 経営戦略室長
委  員 土木事業本部長
建築事業本部長
管理本部長
安全品質環境本部長
技術本部長
国際本部長
新事業開発本部長
委員長指名者
事 務 局 経営戦略室 コーポレートコミュニケーション部 サステナビリティ推進グループ
活動内容 サステナビリティ分野を推進するための方針や制度の検討、マテリアリティの特定・改訂・進捗モニタリング、 社外評価・イニシアチブへの参画・報告、コーポレートレポート編集方針検討、社会貢献活動推進の検討など
情報開示 社外向けホームページ、コーポレートレポート(GRIスタンダードに準拠)
サステナビリティ推進委員会の位置づけ