バブル期の巨額な不動産投資が引き金となり、熊谷組は会社設立以来の経営危機に直面。徹底した経営改革を進めるとともに、建設不況を克服するため、モバイル通信基地局や風力・太陽光発電施設など、新たな建設分野にも取り組みました。また無人化施工など次の時代を見据えた新たな技術開発にも着手。2014年には優先株式の消却を完了し、熊谷組は多くの人々に支えによって再建を果たしました。

2001(平成13年)

3月
国内初のPFI事業、上越市市民プラザがオープン

2003(平成15年)

8月
欠損填補による資本金減少(約334億円→約33億円)
10月
優先株発行による資本金増加(約33億円→約133億円)
不動産事業等を新会社として会社分割

2004(平成16年)

12月
世界一の超高層ビル(当時)「TAIPEI 101」竣工

2005(平成17年)

4月
大田弘が社長に就任
6月
建設業界で初めて「エコ・ファースト企業」に認定
8月
世界初のPSS-Arch工法採用、金沢外環状道路・涌波トンネル竣工

2008(平成20年)

11月
世界初のNATM工法とシールド工法を融合した新しいトンネル工法SENS東北新幹線三本木原トンネル竣工

2013(平成25年)

6月
樋口靖が社長に就任

2014(平成26年)

9月
優先株式の全株消却完了

2016(平成28年)

4月
熊谷組グループビジョン発表
8月
香港東部海底トンネルのMOM事業へ参画

2017(平成29年)

4月
マスコットキャラクター「くま所長」を制定
11月
住友林業株式会社と業務・資本提携

2018(平成30年)

1月
創業120周年を迎える
4月
櫻野泰則が社長に就任