新着情報

石原裕次郎二十三回忌 仏殿制作を担当

平成21年5月22日

石原裕次郎二十三回忌 仏殿制作を担当

 5月21日、石原プロモーションの渡哲也社長、石原まき子夫人らが会見を開き、石原裕次郎さんの二十三回忌法要が、7月5日、東京・新宿区の国立競技場(国立霞ヶ丘競技場)で営まれることが発表されました。 熊谷組は仏殿の制作を担当します。

石原裕次郎二十三回忌法要発表会見

石原裕次郎二十三回忌法要発表会見
(左から、舘ひろし氏、渡哲也氏、石原まき子夫人、神田正輝氏)

 

 

 この日の会見は、実際に法要が営まれる国立競技場で開かれ、多くの報道陣が集まりました。
国立競技場の聖火台前に1週間がかりで仏殿を組み立て、總持寺(横浜市鶴見区)の本尊を運び込む、160人の僧侶の読経、300人のコーラス隊と、どれをとってもスケールの大きな法要祭典に報道陣からは多くの質問が寄せられました。
 当社が制作した仏殿の模型も披露されました。

取材をする多くの報道陣

 

取材をする多くの報道陣

 

 

仏殿の模型 スコアボードにも

          仏殿の模型              スコアボードの電光掲示板にもメッセージが

 

 

仏殿の模型

仏殿の模型

 

 

<建物概要>
     鉄  骨    約200トン
     屋根面積    約1000㎡
     屋根高さ    17.13m
     建物間口    約36m
     床面積     約600㎡
     床間口     約50m
     献花台面積  約600㎡

 

 

石原裕次郎二十三回忌記念祭典

天国からのラストメッセージ「ありがとう」石原裕次郎二十三回忌

   ・実施日程:平成21年7月5日(日)
   ・場  所:国立競技場(東京都新宿区霞ヶ丘町10-2)

   詳細につきましては石原プロモーションのホームページをご覧下さい。

 


BACK
PAGE TOP