技術・サービス・作品

技術・サービス

PFIとは?

PFI(Private Finance Initiative)とは

民間の資金、経営能力や技術力を活用して、公共事業や社会資本を効率的、効果的に整備する事業手法です。
公共と民間が適切に役割・リスクを分担することにより、公共サービスの質の向上や財政負担の軽減につながります。
公共施設(道路、鉄道、空港等)、公用施設(庁舎、宿舎等)、公益的施設(公営住宅、教育文化施設、廃棄物処理施設、医療施設、駐車場、情報通信施設、観光施設等)など社会資本施設全般が、PFI事業の対象となっています。

我が国へのPFIの導入

PFI は英国では1992年に導入されて以来、社会資本整備の手法として定着しています。
我が国では、PFI法施行以降、以下のような経緯を経ています。

 

  • 平成11年9月
    民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(PFI法)施行

    平成12年3月
    PFI事業の実施に関する基本方針公表
    自治省通知

    平成13年1月
    PFI事業実施プロセスに関するガイドラインの公表
    PFI事業におけるリスク分担等に関するガイドラインの公表

    平成13年7月
    VFM(Value For Money)に関するガイドラインの公表

    平成13年12月
    PFI法の一部改正

    平成15年6月
    契約に関するガイドライン
    モニタリングに関するガイドラインの公表

    平成17年8月
    改正PFI法 施行
    PFI事業がサービス分野を対象とすることの明確化 ほか

    平成20年7月
    「VFM(Value For Money)に関するガイドライン」改定公表

    平成23年11月
    改正PFI法 全面施行
    公共施設運営権の導入
    民間事業者による提案制度の導入

    平成24年3月
    PFI事業の実施に関する基本方針の策定

    平成25年6月
    民間資金等活用事業推進会議が
    「PFI事業実施プロセスに関するガイドライン改定」
    「契約に関するガイドライン改定」
    「公共施設等運営権及び公共施設等運営事業に関するガイドライン策定」 を決定

    平成25年9月
    改正PFI法 施行
    (株)民間資金等活用事業推進機構を設立
    PFI事業の実施に関する基本方針の変更



BACK
PAGE TOP