トップページへ

技術・サービス・作品

技術・サービス

総合技術

地震リスクマネージメント(SRM)

施設や構造物の地震リスク対策をサポート
地震リスクマネージメント(SRM)とは
SRMを適用した電子部品製造工場の例
(※評価事例とは異なります。)

SRM(SeismicRiskManagement)とは、地震災害が企業経営に与えるリスクを把握し、各種事前の地震対策を行った場 合のリスク低減効果を経済的観点から数値化し、経営上の判断材料を提供する手法です。

SRMのブロックチャート
イベントツリー(ET)による被害形態の明文化
特徴
  • 地震に起因する各種被害形態を明文化し、それぞれを経済的なリスクとして下式を用いて定量的に表します。 R=P×C  R:損失期待値(リスク)
     P:被害の発生確率
     C:被害に伴う損失の大きさ
    被害に伴う損失が小さい事象でも被害の発生確率が高ければ、リスクは大きくなります。
  • 施設や構造物の立地している場所に関する地震危険度解析を行い、地震動の発生確率を検討します。
  • 液状化、構造物被害、機能被害、火災や延焼など施設の直接被害のみならず、生産停止に伴う波及的損失を考慮 し、イベントツリー(ET)解析を用いて被害形態を明文化します。(右図)
  • 予想される被害形態を診断者が提示し、それによる経済的損失の大きさは、所有者(意志決定者)が決定します。
評価事例

耐震診断を行う複数の施設を例にした場合

  1. 施設内のA棟、B棟について耐震診断を行った結果
    • A棟は現行基準をかなり下回っているが、機能上の重要度は低い
    • B棟は現行基準を満足しているが、機能上の重要度は高い
  2. 現状のリスクに対して、3つの対策についてリスク分析すると
    • CASE‐1 A棟を耐震補強するとリスクは少し下がる
    • CASE‐2 B棟を耐震補強した場合の方がCASE‐1よりリスクは下がる
    • CASE‐3 A棟を耐震補強しB棟の機能をA棟に機能分散すると最もリスクが下がる
  3. 対策を行わない現状のリスクと実施した場合のリスクの差が効果となり、その効果 と対策費用を勘案し、経営者は最も効率的な低減策を選定することができます。

評価事例

関連資料

企画書「地震リスクマネージメント(SRM)による耐震対策の検討」



Previous Page Go to Page Top