技術・サービス・作品

技術・サービス

総合技術

耐震診断・補強リニューアル

居ながらにして、地震に強い建物に再生します
 - 新たな開口部の設置から建物全体の補強まで -
耐震診断システム

昭和56年に制定された「新耐震設計法」以前に設計された建物について、新耐震設計法と同等以上の耐震性を有しているのかの判定を、下図に示す調査・診断と計算を用いて確認します。

補強リニューアル

耐震診断の結果、耐震性に問題があれば建物の使用上の問題や機能を損なわない最適な新補強技術を用いて、柱・梁・壁等の主要構造部の補強を行います。

また、補強技術によって新たな開口部を設けることも可能。

耐震診断・補強をお奨めする建物

耐震診断・補強をお奨めする建物
  • 昭和56年以前のもの(特に45年以前のもの)
  • ピロティー形式のもの
  • 壁の偏在するもの
  • 軟弱地盤上に建てられたもの
  • 震災を受けたもの

リニューアル・増改築と同時に実施すると経済的に行えます

診断~補強のフロー

 

新補強技術ラインナップ
FRPシート補強工法(RC造)
FRPシート補強工法

炭素繊維(FRP)シートをコンクリート表面に張り付け、巻きつけて、耐震の被害を受けた建物や老朽化した建物を使いながら補強することができます。

また、新たに設けたい開口部の補強にも活用できます。

はめ込み耐震壁工法(RC造、SRC造)
はめ込み耐震壁工法

超軽量プレキャストコンクリート部材で耐震壁を増設する工法で、工期の短縮はもとより建物を使いながらの施工が可能です。

外付けフレーム工法(RC造、SRC造)
外付けフレーム工法

建物の外周面に補強用のフレームを増設する工法で、建物内部での補強が困難な場合や建物を使いながらの施工に最適です。

制震レトロフィット構法(S造、RC造、SRC造)
制震レトロフィット構法

地震時のエネルギーを吸収することにより建物の揺れを減少させる技術で、耐震性と居住性を向上させます。

建物それぞれの構造に適したダンパーを用意しています。

免震レトロフィット構法(RC造、SRC造)
免震レトロフィット構法

既存建物に新しい技術を適用(レトロフィット)し、免震化する工法です。

地震による揺れを低減させる技術で、建物を使いながら施工することができます。

BACK
PAGE TOP