技術・サービス・作品

技術・サービス

総合技術

大規模開発の交通シミュレーション(ニューシティ東戸塚中央街区)

 

大規模開発に最適な交通シミュレーションシステム

御経塚サティ

図-「オーロラシティー」完成鳥瞰パース

 

 ニューシティ東戸塚中央街区は、商業施設、住宅等から構成されるニューシティ東戸塚の中心街区です。商業施設は、西武百貨店、ダイエーの2つの核店舗と専門店街からなり、多くの来店車を駅前交通との調和を保ちつつ円滑に捌くことが、地区計画の重要な課題でした。特に、開店に伴ない周辺道路の従前の交通規制を変える必要があったため、安全面を含めて十分な対策が求められました。熊谷組では、交通シミュレーション技術を駆使して街区周辺の交差点、道路への影響等の評価を行い、自治体、警察、道路管理者等の関係機関との交通協議を円滑に進めました。

 

熊谷組の交通シミュレーション技術

 熊谷組は、様々な検討範囲や交通現象に対応するため、各種のシミュレーションシステムを有してます。ニューシティ東戸塚中央街区では、街路網交通流シミュレーションシステムAVENUEとパーキングシミュレーションKARCOSを用いました。

 

検討内容

 通常の交通検討の他、関係機関との協議で要求された数多くの課題に対して、全て当社のシミュレーションシステムで対応しました。

中央街区の検討交差点と変更後の一方通行規制

 

 商業施設の開店に合わせて一方通行の方向が逆になるため、交差点処理、交通の流れ、安全面等多角的な視点で検討を行いました。関係機関との協議を終了し、平成11年9月に一方通行の方向が変更され、1ヶ月後の10月に商業施設が開店しました。
商業施設に関する豊富な検討実績と最新のシミュレーション技術を生かして、大店立地法の申請業務も行っています。

BACK
PAGE TOP