技術・サービス・作品

技術・サービス

総合技術

国際水準の新スタイルの病院づくりを進めています

-最高の医療と環境を提供する心臓病治療病院-

 

葉山ハートセンター

(平成12年度グッドデザイン金賞、医療福祉建築賞2001受賞作品)

葉山ハートセンターは重度の心臓障害治療治療のための専門病院であり、これまで心臓移植でしか助からないとされていた患者を外科手術を施すことによって治療する画期的な心臓病先端治療センターです。建物は葉山御用邸すぐそばの相模湾を望む静かな保養地に、「患者にも医師にも快適で居心地の良い空間」を提供する病院づくりを目指し、「施設と自然との一体」というコンセプトに基づいて建設されました。

建物の特徴

外観

開放的で自然光溢れる病院らしくない環境
・建物は斜面に沿って段上に配置され、病室や治療室を含め全ての居室から大きな窓を通して、患者や医療スタッフが周囲の自然環境に触れることができます。
・病室は全室オーシャンビューで、患者がベッドに臥せていても海の景色を眺められるように、バルコニーの手摺にはガラスを使用しています。
・内外装は病院の色として定番の白やグレーを一切使わず、明るい光の色である黄色を基調として内装に木を用いるなど、建物全体を明るく暖かいデザインでまとめています。
最先端の医療環境
・HCUやICUのスペースや設備の充実はもちろん、心臓カテーテル室と手術室を隣接させ、ドア一つで両者の移動を可能とすることで、心臓カテーテル実施中の患者の急変対策に配慮しています。
・最先端の医療情報や技術を公開する設備として、50人収容の研修室を設置し、手術の模様を大画面でライブ中継で見ることが可能となっています。

ロビー

ロビー

病室

病室

 

手術室

手術室

研修室

研修室

 

病 床 数 :
 
一般60床
所 在 地 :
神奈川県三浦郡葉山町
発 注 者 :
医療法人社団 愛心会
設計監理 :
株式会社 SUM建築研究所
構造規模 :
鉄筋コンクリート造,地上8階・地下1階
延床面積 :
6,092m2
BACK
PAGE TOP