技術・サービス・作品

技術・サービス

総合技術

耐震補強

耐震性に問題のある建物を補強、公共施設の耐震補強に最適

概要

耐震診断で、耐震性に問題がある場合耐震補強を行います。阪神・淡路大震災後、新しい耐震補強方法が多く開発され適用されています。 災害時に避難場所や拠点となる学校や病院及び官庁建物、不特定多数の人が出入りする建物等の補強が多く行われています。

 

概要

  • (1)昭和56年の新耐震設計法施行以前の建物は、耐震補強を必要とする事例が多く見られます
  • (2)特に昭和46年以前の基準で設計された建物に地震時の被害が集中しています
  • (3)耐震補強は、可能な限り居ながら施工/短工期/コストの最小化/ドライ施工を行います
  • (4)耐震補強工法は補強建物に応じて各種用意されております

 

特徴

耐震補強のメニューは、在来工法、新技術を用いた工法、最新の免震や制震を用いた高付加価値の工法など様々な工法を用意しています。

 

在来の補強工法

在来の補強工法

(1)鉄筋コンクリート造耐震壁
補強の費用耐効果が最も大きい工法ですが、建築計画上、窓開口が無くなる等の不都合もあります。耐震壁の新設の他、既存壁厚を増加させる方法もあります。
(2)鉄骨ブレース
窓開口などを無くすことなく採光にも配慮できる耐震壁に代わる工法です。

 

最新の補強工法

耐震壁の増設

耐震壁の増設

柱へ炭素繊維シートの貼り付け

柱へ炭素繊維シートの貼り付け

(3)炭素繊維シート補強
柱や壁のせん断耐力を増加させるために、引っ張り強度が高い炭素繊維シートを接着剤を用いて貼り付けます。シートは非常に薄いため、 部材断面を増加させることなく補強できます。
(4)外付けフレーム補強
建物の外側に柱や梁に密着させて新しい柱や梁を構築します。建物の外形をあまり変えることなく補強できます。
(5)はめ込み耐震壁
現場にて配筋を行い、あらかじめ用意したPCa版を両面に建て込み内部をモルタルでグラウトすることで耐震壁を構築します。短期間で耐震壁を施工できます。

 

高付加価値工法

高付加価値工法

写真左:制震レトロフィット工法
写真右:オイルダンパー

(6)免震レトロフィット工法
建物基礎あるいは中間階に免震層を設置し、建物に入力する地震動を著しく低減させる工法です。免震化することで建物のみならず地震時に建物機能も保護します。
(7)制震レトロフィット工法
建物のフレームに制震装置を設置することで、建物の揺れや変形を低減できる工法です。
BACK
PAGE TOP