技術・サービス・作品

技術・サービス

総合技術

耐震診断

古い耐震基準の既存建物について「耐震性を段階的に診断・評価」

概要

阪神・淡路大震災では、古い耐震基準で設計された建物(既存不適格建物)の被害が顕著でした。耐震診断では、既存建物の耐震性を評価します。耐震診断には、簡易な一次診断から詳細な三次診断まであり、診断の結果、耐震性に問題があれば、耐震補強を行います。

 

ポイント

  • ・大地震に対する備えは万全ですか
  • ・あなたの建物の耐震性を判定します
  • ・RC造、SRC造には簡易な一次診断があります
  • ・補強を計画される場合は、詳細な二次診断、三次診断をお奨めします
  • ・診断結果で耐震性が低い場合は補強をお奨め致します

耐震診断では主に下記の3項目を行います

  • (1)現行の新耐震設計法に照らした耐震性能の確認
  • (2)改築などにより構造体・用途に変更がないかの確認
  • (3)老朽化など経年変化の確認
特徴
一次診断: RC造/SRC造
柱及び壁の水平断面積と建物重量から簡易に耐震性を判定します。壁が少ない建物では安全側に誤差が多いが、壁が多い建物では誤差が少なくなります。
短期間に簡易に診断できることからRC造/SRC造で耐震性の傾向把握に多く用いられています。
二次診断:RC造/SRC造
柱及び壁の断面に加え、コンクリート強度や配筋状況も併せて考慮し、建物に作用する地震力から建物の耐震性を評価します。
建物の耐震性を正確に評価できることから、RC造/SRC造では多く用いられています。
三次診断: RC造/SRC造/S造
柱及び壁の断面のみならず梁断面も考慮し、コンクリート強度や配筋状況も併せて考慮し、建物に作用する地震力から建物の耐震性を評価します。
梁の強度が建物の耐震性に大きく影響を与えるS造はこの診断方法となります。

耐震診断・補強フロー

 

BACK
PAGE TOP