技術・サービス・作品

技術・サービス

スーパーリサイクロンシステム事業

最終処分量減容化(主灰のみ)

スーパーリサイクロンシステムの適用例

 

スーパーリサイクロンシステム(サイクロン分級方式)で 細粒物まで分級、無害化と覆土材への利用計画

【処分場の延命化】
焼却灰を覆土材として利用することによる最終処分量の減容化(処分容量20~40%の覆土分を減容) 
【覆土材の確保】
覆土材を焼却灰から分級することによる安定供給(従来、搬入土砂を使用)
【安定化の促進】
有害物質の濃縮、無害化処理による処分場の廃止基準の早期達成

 

最終処分量減容化イメージ図

*クリックすると大きく表示されます

BACK
PAGE TOP