技術・サービス・作品

技術・サービス

環境技術

ジオファイバー工法

連続繊維補強土を用いた複合補強土工法

概要

ジオファイバー工法とは、環境に優しい法面安定工で

  • (1)「連続繊維補強土工」
  • (2)「地山補強土工」
  • (3)「植生工」

これら3つの工法を組み合わせた「連続繊維複合補強土工法」です。 連続繊維補強土工は、砂質土と連続繊維(ポリエステル)をジェット水とともに噴射・混合させて、法面に厚い土構造物を構築します。 また地山補強土工は地山内に鋼棒の抵抗体を埋め込むことで、地山自体の抵抗値を高めるとともに、連続繊維補強土と地山との一体化を はかるものです。また、植生工は連続繊維補強土の表面に施し、樹林化など質の高い植物環境を形成させるものです。

工法概念図

工法概念図

ロボットタイプの施工機械

ロボットタイプの施工機械

草木による緑化

草木による緑化

 

植栽による緑化

植栽による緑化

土木植物導入による緑化

土木植物導入による緑化

特徴
(1)せん断力の強い強靱な土構造物を作ります
  • ・砂質土に連続繊維を混入させた連続繊維補強土は、せん断強度の増加や耐侵食性を有し、法面保護用補強土として有効です。
  • ・急勾配法面にも、厚い土構造物を安定的に造成することが可能です。
  • ・連続繊維にはポリエステルを使用し、通常の使用条件のもとでの十分な耐薬品性および耐熱・耐寒性を有しています。
  • ・「地山補強土工」と 「連続繊維補強土工」、さらに「植生工」を組み合わせることで、安定した法面環境を創造することができます。
(2)植生の導入が容易にできます
  • ・分厚く築造された連続繊維補強土内には、植物の根系が奥深く伸長することができるため、草本植物から木本植物まで、緑化目標に応じてさまざまな植生の導入が可能です。
  • ・植物の導入方法は、種子による導入や苗木・枝などの植裁も可能で、周辺環境と調和した質の高い緑化を実現します。
(3)多様な崩落形態に対応できます
  • ・連続繊維補強土は、砂質土に連続繊維を現位置で混入して築造するため、築造形状は自由度が高く、凹凸のはげしい地形などにも築造できます。
(4)機械化施工により工期の短縮が可能です
  • ・連続繊維補強土の施工機械は、「ハンディータイプ」と「ロボットタイプ」があり、施工規模・施工条件に合わせて効率的な機械化施工が可能です。
(5)資源の有効利用が可能です
  • ・連続繊維補強土に使用する砂質土は、砂質系現地発生土を有効利用することが可能です。
  • ・連続繊維は、回収ペットボトルを原料とした再生繊維を使用し、資源の有効活用をしています。
BACK
PAGE TOP