技術・サービス・作品

技術・サービス

環境技術

ZEB・省エネルギー技術

ZEBとは

 先進的な建築設計によるエネルギー負荷の抑制やパッシブ技術の採用による自然エネルギーの積極的な活用、高効率な設備システムの導入等により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギー化を実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、エネルギー自立度を極力高め、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物
(参考;「ZEBロードマップ検討委員会とりまとめ」経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー対策課)

ZEBの定義
ZEB定義

 

熊谷組の取組み

 熊谷組はエコファースト企業として建設業界で初めて認定され、「低炭素社会」の構築(CO2排出量の低減)、「循環型社会」の形成(3Rおよびグリーン購入の推進)、「自然共生社会」の推進(生物多様性保全)の3項目を軸として環境保全に取り組んできました。 今後もESGの視点から、引き続き環境負荷低減活動の継続的な取り組みを行います。 快適性・生産性向上と環境配慮の技術の両立が図られたZEBが世の中のスタンダードとなるように、弊社もZEB事業へ参画してまいります。 これまでの企画・設計・施工・運用ワン・ストップサービスの経験を活かしてお客様のニーズに沿った省エネルギーに関する要望に応えていきます。

 

省エネ建築物 設計・施工実績
 省エネ建築物業務の実績

 

お問合せ窓口
ZEB・省エネルギーに関するメールでのお問合せはこちら → 熊谷組ZEB窓口

BACK
PAGE TOP