技術・サービス・作品

技術・サービス

環境技術

土壌・地下水汚染簡易調査法

SCSC(スクスク)調査法による土壌・地下水汚染の効率的な調査技術

土壌・地下水汚染に対する社会的関心の高まりとともに、汚染の土地評価への反映や法規制の強化、さらには環境経営を支える柱としての環境会計・環境報告書の公開など、環境リスク管理の考え方が浸透しつつあります。この動きに伴い、汚染の有無や汚染状況(汚染物質、範囲、濃度等)を迅速、かつ的確に把握することが大変重要な課題となっています。

SCSC調査法は、このような問題に低コストで効率的に対応できる、画期的な汚染調査法です。

概要

SCSC調査法* は、ハンドオーガーと機械ボーリングの中間に位置し、手軽で効率的なサンプリング技術として開発された機械式簡易ボーリングで、特に土壌汚染調査のために開発されました。

本調査法は、(社)土壌環境センターの「土壌・地下水に係る調査・対策指針および運用基準」中で記載されている簡易土壌調査法に相当しています。

* 地層汚染診断・修復簡易化(Soil Check & Cleaning Simplification Consortium)研究会によって開発された技術です。当社はSCSC研究会のメンバーです。

機械式簡易ボーリング

機械式簡易ボーリング

屋内における調査状況

屋内における調査状況

ボーリングコアの採取状況

ボーリングコアの採取状況

特徴
  • 大掛かりの装置を用いることなく、地下水の豊富な地質でも迅速で信頼性の高いサンプリングができます。
  • 従来法では対応が困難であった屋内、建物ぎわ、山中、車の出入りがある場所などでも調査が行えます。
  • 土壌採取時は無水掘りで泥水を使用しないため、従来法と異なり正確な試料が得られます。
  • 土壌サンプリングのために削孔したボウリング孔は地下水の観測井戸として活用できます。

土壌汚染修復の基本的な流れ

土壌汚染修復の基本的な流れ

SCSCによる土壌汚染調査事例

SCSCによる土壌汚染調査事例

BACK
PAGE TOP