技術・サービス・作品

技術・サービス

最終処分場構築事業

しゃ水シート破損位置検知システム

概要

システムの概要

システムの概要

本システムは、廃棄物最終処分場のシートの下に敷設する保護マット内にアルミシートを挟んで一体化させた面電極を設置することを特徴とします。シート破損は、その面電極とシート上部の測定電極間でインピーダンス(抵抗値)を測定することによって検出されます。
   シートを敷設した時のピンホールや接合部を対象とした全面検査は、スパーク電極及びローラー電極を用いて行います。つぎに、保護土を設置した後の比較的大きな損傷を対象とした検査は、面電極と測定電極間のインピーダンスを測定し、その分布図を描くことにより行います。さらに、操業時の長期モニタリングでは、埋設型電極を用いることにより検査ができ、損傷が確認された場合にはボーリングと補修材により補修し、再度検査を行います。

 

面電極(アルミシート付き保護マット)

面電極(アルミシート付き保護マット)

測定電極(埋設電極)

測定電極(埋設電極)

特長

システムのフロー図

  • 1.シート敷設時、保護土設置後、操業時の各段階でしゃ水シートの機能管理ができます。
  • 2.シート敷設時のピンホールや接合不良をチェックするシート全面検査ができます。
  • 3.シート下部全面に面電極を設置するので、計測はすべての計測点で同一条件となり、また、不確定要因が多い廃棄物や周辺地4.盤の影響を受けにくく、精度の高い検査ができます。
  • 4.損傷位置は、インピーダンス(抵抗値)の分布図より特定することができ、複雑な解析を必要とせず、簡単、迅速に管理できます。
  • 5.施工が簡便で、測定器やデータ解析費用が安いため、トータル的に費用は安価であり、経済的です。
  • 6.現行で実施されているすべての遮水工構造に対して適用可能です。
BACK
PAGE TOP