技術・サービス・作品

技術・サービス

土木技術

耐震ラップ工法

コンクリート柱のせん断破壊防止および変形性能の向上を図る耐震補強工法

概要

耐震ラップ鋼板

耐震ラップ鋼板

耐震ラップ工法は、コンクリート柱のせん断破壊防止および変形性能の向上を図る耐震補強工法です。波形に切断しコの字型に曲げ加工した分割鋼板(耐震ラップ鋼板)を既存コンクリート柱の周囲に積み上げ、柱と鋼板の隙間にモルタル等を充填する工法であり、分割鋼板の噛み合わせにより溶接を不要とした新しい鋼板巻立て工法です。

分割された鋼板は、波形の水平継ぎ目部、くさび形の鉛直継ぎ目部の噛み合わせにより、せん断補強効果および横拘束効果を発揮します。

特徴
  • 1)耐震ラップ鋼板の組み立ては人力による施工が可能であり、大型の施工機械を必要としません。
  • 2)分割した鋼板を積み上げ施工するため、施工スペースが小さくてすみ、狭隘な場所での施工が可能です。
  • 3)溶接が不要なため、火気の使用が制限される場所での施工が可能です。
  • 4)最小板厚は4.5mmであり、条件によっては従来の鋼板巻立て工法により薄板化が図れます

 

耐震ラップ工法の概念図

耐震ラップ工法の概念図

・基部および頂部は、波型に加工した耐震ラップ鋼板をボルトにより連結して閉合します。

 

・標準部は、コの字型に2分割した耐震ラップ鋼板を下側鋼板の波型形状に噛合わせて組上げます。2分割した耐震ラップ鋼板は、くさび形の鉛直継手により閉合します。

 

施工フロー

 

 

 施工状況  施工フロー

     耐震ラップ鋼板標準部の組み立て状況

 

施工事例

 

 

 

 

ラーメン高架橋柱

ラーメン高架橋柱

室内での利用

室内での利用

建築での利用

建築柱での利用

 

適用箇所
  • RC高架橋柱、建物柱等の耐震補強
  • 特に高架下利用箇所(駅部、機械室、テナント入居場所)など狭隘な箇所
BACK
PAGE TOP