技術・サービス・作品

技術・サービス

土木技術

T-BOSS工法

トンネルを直接切削してT字接合する機械式シールド地中接合工法

概要

本工法は、シールド機に内蔵した切削ビット付き鋼製リング(以下、切削リング)をカッタヘッドの回転トルクを利用して回転させ、既設管渠を直接切削して新設トンネルをT字型に機械接合する工法です。

従来の地中接合方法は、既設トンネルの覆工の撤去や到達したシールド機の隔壁や面板を撤去するため、地山の崩壊や地下水の噴出の危険性があり、事前に地盤改良やスライドフード等を用いて機械的に防護する必要がありました。しかし、今後施工される地中接合は、大規模・大深度(高水圧)化するとともに、施工条件が制約される工事が増加するものと考えられ、工期や工事費の増大が避けられなくなります。 このような環境下、施工時の安全性の向上や工期の短縮を図るため、既設トンネル側方を直接切削し、貫入後は補強リングとして利用するT字接合シールド工法(T-BOSS工法)を開発しました。

T-BOSS工法

側面図・断面図

*クリックすると大きく表示されます

T-BOSS/W方式シールド機

通常掘進時

通常掘進時

切削補強リング押出し時

切削補強リング押出し時

特徴
(1)接合時に制約条件が少ない
新設トンネル側の作業が主体であるため、既設管が供用中であってもよい。切削ビットは、鋼製でも鉄筋コンクリートセグメントでも切削できます。
(2)地盤改良を大幅に低減できます
切削リングが接合時に山留めと止水機能を有するため、地盤改良を大幅に低減できます。
(3)機械的な接合で工期短縮となります
切削リングによる機械的な接合工法のため、安全です。
バリエーション
(1)T-BOSS/S方式
切削リングが一重構造で、既設管内に防護コンクリートを設置することにより止水性を確保して貫通する方法で、接合時に既設管渠内での作業が可能であることが条件です。
(2)T-BOSS/W方式
切削リングを二重構造とし、外周リングと充填材により止水性を確保した後、内周リングのみ回転しながら押し出し・切削・貫通する方法で、 接合時の既設管渠側からの作業を不要とすることができ、既設管渠が供用開始している場合にも施工可能です。

バリエーション

BACK
PAGE TOP