技術・サービス・作品

技術・サービス

土木技術

SENS

安全性・経済性・施工性を考慮し、シールドを用いた新しい施工システム

概要

東北新幹線三本木原トンネル(鉄道・運輸機構発注により現在施工中)では、小土被り含水未固結地山において、補助工法を併用したNATMによる掘削を行っていましたが、切羽の進行が止まるほどの崩壊が度々発生しました。そこで、安全性・経済性・施工性を考慮し、シールドを用いた新しい施工システムであるSENSを採用しました。

SENS(センス)は、シールド(S)により「切羽保持」と「掘削」を行い、場所打ちコンクリート(Extruded Concrete)を一次支保材として利用し、NATM(N)と同様に化粧巻きとして二次覆工コンクリートを打設してトンネルを完成させるというそれぞれの工法の利点を取り入れ開発したシステム(S)で、現在、未固結の帯水砂質土層からなる東北新幹線三本木原トンネル工事において、その威力を遺憾なく発揮しています。この工事の成果により、SENSがNATMとシールド工法の境界領域の地盤に対する工法として定着し、さらに大深度開発にめざましい活躍をすることが期待されます。

シールドマシン全景

シールドマシン全景

坑内全景

坑内全景

特徴
  • 1.掘進は泥土圧シールド工法で行う。
  • 2.シールドテール部にて一次覆工コンクリートを打設し、一次ライニングを行う。
  • 3.反力は、一次覆工と内型枠との摩擦力でとる。
  • 4.一次覆工コンクリートは加圧制御可能な妻型枠により加圧打設を行う。
  • 5.一次覆工コンクリートは基本的に掘進と連動して打設する。

シールド機

BACK
PAGE TOP