技術・サービス・作品

技術・サービス

土木技術

PSS-Arch工法

先行アーチ支保による地山補強工法

概要

PSS-Arch工法

先進導坑から本線トンネルの掘削に先立ち、本坑の掘削断面にそって、ウォータージェットを併用する刃口推進方式により曲線状の鋼管を圧入し、鋼管から薬液注入し地盤を補強するとともに、この鋼管をトンネル支保工とするプレ・サポーティング・システムです。

 

特徴
  • ・従来の補助工法に比べ掘削による先行沈下・地表面沈下を小さく抑えることができます。
  • ・先行支保の設置は本坑の掘削との並行作業が可能なため工程が短縮できます。
  • ・曲線ボーリングを用いる従来の同種工法と比べ早く安くできます。
  • ・切羽で支保工を建て込む必要がなくなるため、切羽接近作業が軽減できます。
BACK
PAGE TOP