技術・サービス・作品

技術・サービス

土木技術

保温・湿潤養生台車による覆工コンクリート養生工法

「外気遮断養生」と「湿潤養生」による覆工コンクリート養生工法

概要

トンネル二次覆工コンクリートを「保温・湿潤養生台車」を使用して「外気遮断養生」と「湿潤養生」の2種類の方法で養生する工法です。

養生施工順序図

養生施工順序図

保温・保潤養生台車

保温・湿潤養生台車

特徴
  • ・トンネル覆工コンクリート養生用の専用移動式設備により初期養生を迅速に行えます。
  • ・外気遮断養生と湿潤養生を継続して行い、6日間の初期養生ができます。
  • ・専用移動式設備はレール方式電動移動機能を備えており、移動・設置が容易です。
  • ・湿潤養生台車の表面部は湿潤を確保するため、保水性が良いマットを使用しており耐久性もすぐれています。
  • ・坑内換気用の風管通過型です。
  • ・養生中も通路、ダンプトラック・トラックミキサー車等の工事用車両の通行が可能です。
  •  ●この技術は、NETIS登録(KT-100027-A)技術です。
BACK
PAGE TOP