技術・サービス・作品

技術・サービス

土木技術

ロードヘッダ過掘り防止システム

過掘りを防止し余掘りを抑制

概要

山岳トンネル工事において自由断面掘削機の切削ドラムの3次元座標をリアルタイムに管理することにより、オペレータの熟練度に左右されず、設定断面の線形通りに高精度(±5cm程度の精度)に掘削するシステムです。その機能により、余分なズリ処理や覆工コンクリートを発生させず、建設コストの低減が図れます。

 

自由断面掘削機の切削位置検出システム

自由断面掘削機の位置検出システム/全体システム概念図

特徴
  • ・自由断面掘削機の切削位置をオペレータがリアルタイムにモニターで把握できます。
  • ・掘削はオペレータの熟練度に左右されず、精度の高い無駄のない掘削が行えます。
  • ・掘進は任意の形状・勾配に対応できるため、トンネル内の拡幅や勾配変更時に威力を発揮します。
  • ・切羽に対して自由断面掘削機がどのような姿勢であっても、直ちに掘削が開始できます。
  • ・切羽での掘削状況確認や形状測量が不要となるため安全、且つスピーディに掘削できます。

 

※本システムは、建設省千葉国道工事事務所からの委託業務として(財)先端建設技術センターと当社を含む民間4社で共同開発したものです。

BACK
PAGE TOP