技術・サービス・作品

技術・サービス

土木技術

エコマックス(NETIS登録 KT-090043)

フライアッシュと混和剤の相乗効果により可能性を発揮する1液型の可塑性注入剤

概要

エコマックス

エコマックスとは、火力発電所から発生するフライアッシュを大量に(600~800kg/m3)使用し、可塑性混和剤(エコプラスティ)によりエアの混入を促進し、可塑性、水中分離抵抗性を付与した可塑性注入材です。

矢板工法によってつくられたトンネルの覆工背面に多く見られる空洞への注入材として開発されたものです。空洞背面に注入することにより覆工の破壊やトンネルの崩落を防止することができます。

固化材(セメント)として高炉セメントを使用した場合には循環型社会形成に貢献する材料、工法です。

 

特徴
  • ・可塑性とは、物質に外力を加えて変形させ力を取り去っても元に戻らない性質で、エコマックスは、自重による変形量が極めて少ないため限定注入が可能です。
  • ・施工時には既設のトンネル覆工のひび割れや目地部などの隙間から漏れることがありません。
  • ・水中分離抵抗性を有するため地下水が豊富な山岳トンネルなどでも品質を確保したまま施工することができます。
  • ・通常の土砂地山相当の強度を有します(σ28が1.5N/mm2以上)。
  • ・注入材の比重は小さく(11~15kN/m3)、施工時に覆工に作用する荷重を極力抑えることができるため、覆工が劣化している場合などでも、安全に施工ができます。
  • ・収縮量が極めて小さいため、確実に空洞を閉塞できます。
  • ※ NEXCO「矢板工法トンネルの背面空洞注入工 設計・施工要領」に適合

練混ぜ直後

練混ぜ直後

練混ぜ60分後

練混ぜ60分後

可塑性(フロー試験)

水中不分離性(投入60分後)

水中不分離性(投入60分後)

良好な充填性

良好な充填性

 

施工方法

施工方法はすべての材料をミキサーに投入、攪拌し、注入材を製造します。注入材の粘性のために配管による緒距離圧送には不向きであり、注入現場までの運搬にはアジテータカー等を利用します。

配合例

注入剤の配合例(NEXCO適合)

配合例

※1 N型は普通ポルトランドセメント、B型は高炉B種セメント
※2 空気量は設定値

施工事例

施工方法はすべての材料をミキサーに投入、攪拌し、注入材を製造します。注入材の粘性のために配管による緒距離圧送には不向きであり、注入現場までの運搬にはアジテータカー等を利用します。

 

ミキサーから排出状況 

 ミキサーからの排出状況 

注入状況

注入状況

注入ホースからの吐出状況

注入ホースからの吐出状況

 

BACK
PAGE TOP