技術・サービス・作品

技術・サービス

土木技術

サポートライニング工法

鋼製アーチ支保工と現場打ちコンクリート内巻き工により補強

背景

 現在供用中のトンネルは、最近建設された新設トンネルとは使用材料や施工方法が異なるために、必ずしも良好な品質が確保されたものばかりではありません。
 また、時間の経過に伴う経年劣化が顕在化しているトンネルも見られます。

熊谷組は、覆工コンクリートのジャンカ、コールドジョイント、巻き厚不足のほか、乾燥収縮や材料分離などにより発生したひび割れなどにより健全性が低下している既設トンネルの覆工を補強する工法を開発しました。

 

概要

 サポートライニング工法は、鋼製アーチ支保工と内巻き工を併用して覆工を補強するもので確実な補強をすることができます。裏込め充填材の型枠は超高強度繊維補強コンクリート(UFC)製の埋設型枠(ダクタル覆工板)を使用します。裏込め充填材は(無収縮)モルタルを基本としますが、たまり水のある場合や漏水箇所では水中不分離性を有する材料を使用します。

裏込めコンクリート打設(充填)状況

鋼製模擬トンネルを用いた室内実験

 

特徴
1.確実な補強効果
鋼製アーチ支保工と内巻き工により確実な補強効果が得られ、想定荷重に応じた補強工を設計することができます。
2.裏込め充填材の良好な充填性
基本的には(無収縮)モルタルを使用し、2インチの配管で狭隘な空間へも確実に充填することができます。また、溜り水や漏水箇所では水中不分離性を有する材料を使用します。
3.薄く、軽い覆工板
覆工板は高強度であるため、厚さを薄く(軽量化)でき、人力により運搬、組み立てが可能であり、同時に複数個所での施工が可能です。

 

覆工板

1.最小厚さ:2cm
2.重  量:20~30kg(人力施工が可能な重量とする)
3.材  料:超高強度繊維補強コンクリート(UFC、ダクタル)
4.強度特性 圧縮強度:190~240N/mm2、曲げ強度:35~40N/mm2

 

施工事例

 UFC覆工板

載荷点

発電所水路トンネル

補強前後の荷重-変位図

鉄道トンネル

 

 

 類似工事(水路トンネル)

載荷点

現場打ちモルタル

補強前後の荷重-変位図

樹脂モルタル板

 

BACK
PAGE TOP