技術・サービス・作品

技術・サービス

土木技術

大水深構造物沈設システム

大水深・潮流下において水中構造物を高精度沈設

概要

従来、沈埋函などの沈設時の位置計測は、函体内部の傾斜計と函体上に設置された測量塔により姿勢を制御していました。この方式を大水深・潮流下で適用した場合、測量塔は沈設完了時まで水面上に突出させる必要性があり、水深と同程度以上の長尺なものとなります。沈設前の測量塔取付時においては、長尺測量塔に対応したクレーン船の大型化や函体安定性などに問題が生じ、また沈設時にも長尺測量塔に潮流力が作用し、函体が不安定となります。さらに、沈設後の測量塔撤去には大水深での潜水作業が必要となり、飽和潜水などの設備や安全面でも問題が生じます。

本システムは測量塔および潜水作業を不要とし、GPS、超音波を用いたレスポンダー、ペンシルビームソナー、水中カメラを用い、大水深・潮流下での構造物沈設を可能とするものです。

従来の測量塔を用いた沈設工法

大水深構造物沈設システム

 

従来の測量塔を用いた沈設工法

従来の測量塔を用いた沈設工法

大水深構造物沈設システム

大水深構造物沈設システム

特徴
(1)大水深の沈設が可能
水深と対応した長尺な測量塔が不要であり、大水深下への沈設が可能となります。
(2)潮流下の沈設が可能
従来の測量塔を用いた沈設方式では、潮流下において長尺な測量塔は流体力を受け、沈設中の構造物が不安定となりますが、本システムでは測量塔不要であるため、潮流下での沈設が可能となります。
(3)潜水作業が不要
従来の測量塔を用いた沈設方式では、沈設後の測量塔の撤去には潜水作業が必要となり、 水深の増加に伴い設備や作業の危険度も増加しますが、本システムでは潜水作業が不要で安全な沈設が可能となります。
(4)大水深下への高精度沈設が可能
本システムを用いて水深60mにおける沈埋函設置を試算した結果、±10cmの精度が確認されました。
BACK
PAGE TOP