技術・サービス・作品

技術・サービス

土木技術

SENTANパイル工法

杭の品質を飛躍的に向上しトータルコストを削減する画期的な工法

概要

「SENTANパイル工法」は、掘削終了後に、孔底に設置した分割コンクリートリングをリング毎に所定の荷重で押込むことで杭先端に履歴荷重を与え、かつ、スライム処理性能を向上させることで、沈下低減と支持力アップを可能にした場所打ち杭工法です。

昭和63年に開発以来、1500本以上の施工実績を持ち、平成6年には、(財)国土開発技術研究センターより「一般土木工法・技術審査証明」を取得しています。さらに、平成9年度の地盤工学会「技術開発賞」を受賞しました。

概要

*クリックすると大きく表示されます

特徴
(1)杭の信頼性を飛躍的に向上
パソコンを使用した貫入管理により、載荷試験による支持力確認と同等の効果が得られるため、 杭1本1本の信頼性が飛躍的に向上します。さらに独自の二次スライム処理機により、コンクリートリング上のスライムを再度確実に処理します。
(2)トータルコストの削減
通常の場所打ち杭に比べ、杭先端地盤の支持力が向上するため、杭径や杭長・杭本数の低減が可能となります。
(3)さまざまな構造物に適用
本工法は沈下制限の厳しい構造物に適しており、重要構造物や既存の構造物に新しい構造物を追加する場合の基礎として最適といえます。
(4)設計基準の適用が可能です
「鉄道構造物等設計標準」や旧日本道路公団の設計要領、道路橋示方書(H14.3版)、杭基礎設計便覧・施工便覧(H18 改訂版)では、先端強化型場所打ち杭として支持力や変形性能の改善効果が明記されています。
BACK
PAGE TOP