技術・サービス・作品

技術・サービス

土木技術

転圧機械運行管理システム

転圧機械をリアルタイムに管理し、信頼性の向上と省力化を実現

概要

ロックフィルダムのコア盛立工事やRCD工法によるコンクリートダムなどの締固め工事において、施工管理の省力化と信頼性の向上、並びに品質管理精度の向上が転圧機械運行管理システムを使用することにより可能となります。

GPSやトータルステーションなどを用いて計測された転圧機械の運行軌跡を事務所側にてリアルタイムに管理を行うとともに、転圧機械の運転者に転圧作業の進行状況や最適な走行レーンをビジュアルに伝達、誘導することで、合理的で信頼性の高い施工を可能とします。

システムを搭載した振動ローラー

システムを搭載した振動ローラー

システムを搭載したコックピット

システムを搭載したコックピット

このシステムは、事務所側と車両側の二つのシステムで構成されます。車両側システムが計測した位置データをリアルタイムに事務所側システムに転送し解析を行います。

また、事務所側システムは複数台の車両データを統合して解析し、その解析結果はリアルタイムに各車両に送信されます。また、車輌の位置座標はRTK/OTF(on the fly)機能付のGPS方式や自動追尾トータルステーションにより高精度の位置計測を可能にしています。

さらに、車輌と事務所間のデータ転送には、SS無線やPHS構内回線を使用し、複数の転圧機械の確実な同時計測を可能にします。

システム構成図

GPSを使用した場合のシステム構成図

特徴
  • (1)複数台の転圧機械を1台の事務所側PCで同時に管理することが可能です
  • (2)作業エリアを最小10cm×10cmのメッシュで高精度管理が可能です
  • (3)事務所側システムで各転圧機械をリアルタイムに監視することが可能です
  • (4)各転圧機械を、搭載した車輌側システムで最適な走行レーンに誘導します
  • (5)複数台車輌のデータを統合した運行記録をリアルタイムに表示、出力が可能です

走行中の車輌側システム画面

走行中の車輌側システム画面

事務所側システム管理画面

事務所側システム管理画面

BACK
PAGE TOP