技術・サービス・作品

技術・サービス

土木技術

充填材検知システム

継目充填材の注入状況を可視化し、高品位な施工管理を実現

概要

充填材検知センサ

充填材検知センサ

充填材検知システムは、継目面に所定の間隔で充填材検地センサを設置し、グラウチング時においてセンサに内蔵する一対の小型電極間の電気抵抗値を測定し、センサに到達した継目充填材の配合濃度を把握するものです。充填状況の可視化システムにより、継目面における充填材のグラウチング状況を容易に捉えることができ、また、グラウチング時の継目面の面的な充填状況も把握することが可能です。

充填材検知センサは、保護カバー部と検知センサ部より構成されています。検知センサは、測定器から発振した測定電源で、内蔵する一対の小型電極間および各センサ間の電気抵抗値を測定することにより、センサに到達した継目充填材の配合濃度を把握し、センサ間の充填材の充填状況等を解析します。また、このシステムは、継目面における充填材の配合濃度および充填状況等を把握するための充填状況管理システムと、グラウチング時における継目面の挙動および充填材の注入圧力等を管理する注入管理システムとから構成されています。

BACK
PAGE TOP