技術・サービス・作品

技術・サービス

建築技術

電磁波シールド技術

高周波電磁波ノイズを低減させる技術

概要

ITやブロードバンド化に象徴される、情報通信の広帯域化、ワイヤレス化はまさに時代のトレンドであり、その傾向は今後一層強まっていきます。その利便性の反面、「電磁波」を原因とした各種の障害、盗聴など深刻な問題がクローズアップされてきています。

その対策として、建築分野における電磁環境対応技術が注目を集めています。その核となる技術が「電磁波シールド技術」で、簡易型電磁シールドは、オフィスビルやインターネットデータセンターなど電磁シールド性能が比較的低レベルで、居住性を重視する場合の電磁波シールドに最適な設計法を提案します。

概要

特徴
  • ・無線LANを使用するオフィスビルなどで、外部から進入する干渉波による受信強度の落ち込み、遅延波による波形歪みによる通信速度の低下をあまねく解消します。
  • ・コンピュータの誤動作の原因となる、外部から進入する高周波電磁波ノイズを低減します。

電磁波シールド技術

窓:
オフィス環境を向上させる窓は可視光率の高いシールドガラスを使用することにより、快適なオフィス空間を実現します
ドア:
スチールドアを使用し、扉枠との接合部をシールド処理することにより、電磁波の侵入を遮蔽します
内壁シールド面:
タイガーESボードにより一般オフィスと同様の仕上げとなります
床:
床スラブの上に、鋼板を敷き、シールド層を構築します。OAフロアなど床の仕上げ面については、従来の工法と同様です
BACK
PAGE TOP