技術・サービス・作品

技術・サービス

建築技術

サイレントボイド

スラブ内に埋め込む発泡スチロール製の型枠

概要

近年、集合住宅のフリープランやSI住宅への対応から、スラブを大スパン化する傾向にあります。また建物の高層化も進んでいることから、建物の構造体への負担が軽減できる中空ボイドスラブの採用が多くなっております。

中空ボイドを形成するには、一般的に矩形のボイド型枠を用いますが、この矩形ボイド部分で高い周波数帯域において床衝撃音遮断性能が低下する傾向がありました。

熊谷組ではこれらの問題点を解決し、中空ボイドスラブにおいて高い床衝撃音遮断性能を確保するため、サイレントボイドを開発しました。

模式図

模式図

ボイド型枠

ボイド型枠

特徴

施工状況

施工状況

  • (1)波型のボイド型枠「サイレントボイド」によって、床衝撃音遮断性能が低下する原因となる共振現象を低減します。
  • (2)従来の中空ボイドスラブと同様の設計・施工が可能なため、コストアップすることなく、高い床衝撃音遮断性能を確保することが可能です。
  • (3)本工法により床衝撃音遮断性能は、従来の矩形ボイド型枠を用いた場合と比べ、中高音域で大幅に向上します。

 

本商品は、信州大学工学部 山下恭弘教授の指導を受け、開発したものです。

BACK
PAGE TOP