トップページへ

技術・サービス・作品

技術・サービス

建築技術

ダイレクトカラム構法

杭をそのまま柱として利用し、工期短縮とコストダウンを実現
ダイレクトカラム構法とは
在来の杭基礎構法との比較
  • 既成の高強度コンクリート杭(PRC杭)を杭と柱に兼用する新しい構法です。コンクリート杭の地上突出部を柱として鉄骨屋根を掛け建物を建設します。
  • 店舗や倉庫、工場など平屋の建物に適した構法です。
構法の特徴
  • 杭と柱を一本の既成コンクリート杭で構成するため、基礎フーチング、基礎梁工事が不要になります。(外周部を除く)
  • 柱は鉄筋コンクリート造となるのでそのまま、あるいは仕上げの下地として耐火被覆無しで利用できます。
  • 鉄骨接合部はボルト接合による組立形式を採用し、鉄骨加工を減らす事が可能です。
  • 従来の構法に比べ工期短縮と躯体コストの低減が可能です。
ダイレクトカラム構法による施工状況
内観
内観
適用範囲
  • 屋根荷重が軽い平屋の建物を対象としています。
  • 比較的良好な地盤を対象としています。地盤表層が軟弱(*)でも条件により適用可能です。

*地盤沈下地帯及び液状化地盤を除く

適用事例
  • 丹波マーケス
  • スペクトル岡崎屋外駐車場
  • コメリホームセンター榛名店

※本構法は特定行政庁の判断により日本建築センターの個別評価申請となることがあります。

関連資料
  • リーフレット「ダイレクトカラム構法」
  • ビデオ「ダイレクトカラム構法」


Previous Page Go to Page Top