技術・サービス・作品

技術・サービス

建築技術

既存建物の免震レトロフィット構法

免震技術で耐震補強を実現
免震レトロフィット構法とは

レトロフィット(retrofit)とは、旧耐震設計法にて設計・施工された既存建物(レトロ建物)を、現行法の耐 震機能を有する建物に変身させる(フィットさせる)ことです。本構法は、免震装置を用いて既存建物を免震化し、上部建物への地震力を低減することにより、耐震補強を可 能にする工法です。

構法の特徴
構法の特徴
  1. 免震レトロフィット構法を採用することにより、免震層より上部建物の地震力が小さくなり、上部建物 は軽微な耐震補強か、場合によっては補強の必要がなくなります。
  2. 建物外観や内観を変えなくて済み、建物使用者の動線や内部間仕切り位 置等に制約がなくなります。
  3. 建物を使いながらの施工が可能となり、使用者の他の場所への一時的な移転等がなくなります。
アメリカでの免震レトロフィット構法実施例

アメリカでの免震レトロフィット構法実施例(ソルトレーク市庁舎・基礎免震)

免震レトロフィット構法提案例

免震レトロフィット構法提案例(中間階免震)

適用対象

「新耐震基準(昭和56年施行)」以前に竣工した既存建物で

  • 歴史的、文化的に価値が高い歴史的建造物、神社仏閣等
  • 防災拠点となる官公庁舎、病院、警察署、消防署、学校等
  • 情報通信施設、電算センター等
BACK
PAGE TOP