土木の世界を探検しよう!

支保工の型式と特徴

土留め壁が地盤に入っている部分の抵抗によってのみ側圧(土圧や水圧)に対抗するものを自立式土留めといいます。これは最も簡単な土留め形式ですが、良質な地盤で浅い掘削の場合にしか適用できません。
掘る深さが深くなると土留め壁だけでは側圧に抵抗できないため、壁を支えてあげるものを設置しながら掘削を行います。

これを支保工といい大きく分けて以下の3種類があります。

(1)切梁式支保工

切梁と腹起等の支保工で土留め壁を支持するもので、最もよく用いられる形式です。切梁と腹起しにはH形鋼が用いられます。市街地などでは周辺への影響を少なくするため、先行して切梁に荷重をかけ土留め壁の変形を抑える「プレロード工法」も用いられます。

切梁式支保工

(2)アンカー式支保工

地盤中にアンカー体を固定させておき、土留め壁と鋼線でつなぐことで土留め壁を支持するものです。施工ヤード内に切梁のような障害物がないことから、能率の良い施工を行うことができます。

アンカー式支保工

(3)控え式支保工

土留め壁の背面地盤中にH鋼や鋼矢板などの控え杭を設置し、タイロッド(鋼棒)で土留め壁とつなげることにより土留め壁を支持します。アンカー式と同様に施工ヤード内に障害となるものがないため施工能率は良いですが、 あまり深い掘削を行うことはできません。
また背面地盤には控え杭やタイロッドを設置するための敷地が必要となります。

控え式支保工