土木の世界を探検しよう!

開削工事のお話

常新、伊奈谷和原St路盤他工事
常新、伊奈谷和原St路盤他工事

開削工法とは、地下構造物を築造するために必要な長さと幅と深さを確保しながら地面を掘り下げ、その掘削した空間に構造物を築造した後、構造物の外周を埋戻して地表面を原形に復旧する工法です。
工事中に周辺地盤が崩壊するのを防ぐために、通常は土留め壁を地中に造成し、土留め壁で囲まれた内部を掘り下げながら土留支保工を設置して土留め壁を支えます。また、周辺の諸条件により掘削箇所を覆工する場合と覆工しない場合があります。

開削工法によって、地下鉄、道路トンネル、大深度立坑等の大規模なものから、上下水道・電力・通信・ガス等の管路、共同溝等を数多く建設しています。

土留め

開削工事では、土の崩れを防ぐ土留め壁が必要不可欠です。
土留め壁には施工条件によって様々な種類があります。ここでは土留め壁、その土留め壁を支える支保工について代表的なものを紹介します。

土留め