土木の世界を探検しよう!

生活基盤を支える土地造成

私たちの生活は、土地を抜きに考えることは出来ません。

土地造成を必要とする事例を以下に示します。この事例にあるように、私たちの生活基盤の多くが土地造成により支えられています。

住宅地

ニューシティ東戸塚
ニューシティ東戸塚

住宅地は、住宅需要に合わせて行われる宅地開発により供給されます。

人の生活に適する土地を土地造成により造り、そこに様々な建築物などが建設されます。私たちの住む家は、基本的に住宅地が無いと建ちませんから、人の生活基盤は土地造成により築かれているとも言えます。

大規模な土地造成を行う郊外型ニュータウン開発の他、中小規模の住宅団地開発や土地区画整理事業がこれにあたります。

市街地

アデレード駅再開発
アデレード駅再開発

旧来の市街地では、都市機能の効果を高めることを目的に都市再開発が行われます。この場合、旧来の市街地で有していた都市機能を分散して活性度を高めたり、都市機能の再構築により新たな都市機能を創出することになります。

一方、新たに市街地を形成しようとするのが都市開発です。この場合には、都市機能を優先した土地開発が行われることになります。副都心開発あるいは新都心開発と呼ばれるものが、それらの代表と言えます。

開発の種類や内容などによって、土地造成の役割の大きさも変わりますが、情報・通信や交通・流通などに重点を置いた土地造成が重要になります。

研究学園都市

横須賀リサーチパーク
横須賀リサーチパーク

研究開発に適した都市を創出するのが研究学園都市開発で、郊外に開発されるのが一般的です。

土地造成においては、空間的なゆとりや自然環境との調和といった研究学園にふさわしい景観や自然環境に重点が置かれます。

また、最先端の技術情報の流通が重要であることから、情報・通信に関するインフラ整備が重要になります。

工業団地

神戸食品工業団地
神戸食品工業団地

産業振興や地域振興などを目的として計画される、工業団地用の敷地を土地造成により整備します。

誘致する産業に適した土地にすることが重要ですが、基本的には平坦な土地を整備します。

流通の関係から、主に交通アクセスの条件の良い場所に計画されます。

リゾート

コオリナリゾート
コオリナリゾート

余暇の充実を目的としたリゾート地域を提供するのが、リゾート開発です。

別荘やリゾートホテルならびに関連するレジャー施設などの建設用地や、リゾート地域にふさわしい修景地を土地造成により造ります。リゾート開発のコンセプトやリゾート地域の性格を反映した自然環境や景観が重要になります。

レジャー施設

ニュー南総CC
ニュー南総CC

土地造成により整備されるレジャー施設では、ゴルフ場がその代表と言えます。また、馬場整備が主体となる競馬場も、土地造成の役割が大きな施設であると言えます。

大規模公園やレジャーランドなども土地造成を主体として整備されますし、遊園地や動物園などの敷地も土地造成によって造られます。

交通施設

中部国際空港
中部国際空港

空港や港湾ならびに道路などの交通・流通施設の骨格部分は、土地造成により造られています。

空港は、山間部や臨海部に建設される例が近年多くなっており、土地造成の役割が更に大きくなっています。

港湾では、土地造成により荷役用ヤードや倉庫敷地などが整備されます。道路では、舗装面を除いた道路基盤までの整備が土地造成により行われます。

処分場

飯坂中野処分場
飯坂中野処分場

私たちの生活や企業の営業上で必ず排出される廃棄物があります。

出来るだけ少量化に努めるも、出てきた物の廃棄場所が必要であり、その処分場所として安全で、まわりの環境に影響を起こさせない処分場を造成します。

自然環境

横須賀リサーチパーク
横須賀リサーチパーク

人の生活の立場から新たな土地を造るばかりでなく、動物や植物の生活環境を創出する観点から、新たな造成も見られるようになりました。例えば、土地造成により消失する湿地帯を新たな土地の中に復元する湿地帯造成や、海中の浅海域の浄化や魚類の生活空間創出を目的とした藻場造成というようなものです。

今後私たちが自然環境との共生をより重視していけば、自然とこのような造成も増加していくことと思われます。