土木の世界を探検しよう!

ダムにはどんな種類があるの?

ダムは、使用する材料により、大きくコンクリートダムとフィルダムに分類されます。また、これらは基礎地盤の強さや地形、地質、経済性、施工性などから、さらに以下のような種類に分かれます。

コンクリートダム フィルダム
アーチ式コンクリートダム
重力式コンクリートダム
中空重力式ダム
バットレス式ダム
ゾーン型ロックフィルダム
表面遮水型ロックフィルダム
アースフィルダム

コンクリートダム

アーチ式コンクリートダム

アーチ式コンクリートダム

アーチ式コンクリートダムは、水圧を左右岸および底部の岩盤で支える構造で、円筒を切り取ったような形状やドーム型などがあります。厚さが薄い構造のため、コンクリートの節約になりますが、基礎地盤の強度が強い、峡谷の地形に適します。

矢木沢ダム
群馬県 矢木沢ダム(水資源開発公団)

重力式コンクリートダム

重力式コンクリートダム

重力式コンクリートダムは、水圧を堤体の自重で支える構造で、三角形の断面をもっています。構造が単純で、基礎地盤はある程度の強度があれば大丈夫です。

群馬県 道平川ダム(群馬県)
群馬県 道平川ダム(群馬県)

中空重力式ダム

中空重力式ダム

中空重力式ダムは、重力式コンクリートダムと同じように自重で水圧を支えるものですが、堤体内部を空洞にすることでコンクリート量を節約しています。

バットレス式ダム

バットレス式ダム

バットレス式ダムは、水圧を鉄筋コンクリートの板で受け、その板を背後のコンクリート(バットレス)で支える形式です。このような構造にすることで、コンクリート量を節約しています。

フィルダム

ゾーン型ロックフィルダム

ゾーン型ロックフィルダム

ゾーン型ロックフィルダムは、岩と土を盛り立てたもので、岩の部分(ロックゾーン)が堤体の安定を受け持ち、土の部分(コアゾーン)が水を遮水します。基礎地盤の面積が広いため、1平方メートル当たりの加重が小さくなり、変形に柔軟に対応することができるので、基礎地盤の強度が弱いところに適しています。

徳山ダム
徳山ダム(水資源機構)

表面遮水型ロックフィルダム

表面遮水型ロックフィルダム

表面遮水型ロックフィルダムは、アスファルトやコンクリートで、堤体の表面で遮水します。遮水部分が表面にあるので、施工やメンテナンスがしやすい利点があります。

アースフィルダム

アースフィルダム

アースフィルダムは、ほぼ等質の材料で堤体の安定と水の遮水をはかるものです。施工がしやすく安価にできますが、大きなダムには適しません。