プレスリリース

「熊谷組グループ コーポレートレポート2017」の発行について

平成29年9月6日
 株式会社熊谷組(取締役社長 樋口 靖)は、平成29年8月、「熊谷組グループ コーポレートレポート 2017」を発行しました。
 より積極的で発展的な情報発信を行い、社会から一層信頼され親しまれる熊谷組グループを目指し、今年度から報告書のタイトルを「熊谷組グループ CSR報告書」から「熊谷組グループ コーポレートレポート」に変更しました。
 2016年4月に策定した「熊谷組グループビジョン」で掲げる「高める、つくる、そして、支える」をキーワードに構成し、トップコミットメントや経営方針、中期経営計画の進捗報告、事業内容、ものづくりの姿勢を紹介しています。
 ※ダウンロードはこちらのページです。  


1.注目記事

 
① トップコミットメント

 社長の樋口が誌面を通じて、グループ企業や協力会社を含む「全員参加の経営」で、熊谷組ならではの「建設サービス業」を誠実に展開し、社会に真に貢献するものづくりに邁進することを宣言しています。
 労務不足という環境の中で働き方改革を進めるために、生産性向上を図る具体的な施策と方針を紹介しています。さらに、「より付加価値の高いものづくりを進めるための『建設サービス業』という新しい世界を拓く鍵は、時流の本流を正しく認識して固定概念から決別することができる社員の意識改革と、全員参加による組織的なエネルギーにある」と述べています。

②独自の現場力でしあわせ品質をお届けする
 独自の現場力でお客様へしあわせ品質をお届けする事例として、土木/建築それぞれ1作業所を紹介しています。
 建築作業所は柏の葉三番街西棟賃貸住宅計画(千葉県)を取り上げ、36階建ての高層住宅で安全・品質・環境№1を掲げて職長会と一体となった全員参加のものづくりを行い、工期短縮に取り組んだ事例として紹介しています。
 土木作業所は「地域連携の新たな道を拓く」と題して東北中央自動車道やまがたざおうトンネル工事を取り上げ、交通量の多い街中でのトンネル掘削工事について、より高い安全性を確保するための方策や、お客様・近隣への配慮を紹介しています。また協力会社との連携や若手社員の育成について掲載しています。

2.全体構成と概要

 
①表紙

表紙は熊谷組本社に隣接する新宿区津久戸小学校の児童(4年生)が環境をテーマに描いた作品と、「〈ふるさとの田んぼと水〉子ども絵画展2016」で当社企業賞を受賞した「今年も豊作だ」を掲載しています。 熊谷組は次世代を担うこどもたちの自然や環境を大切にする心を育む機会を応援しており、津久戸小学校と環境学習、地域の清掃活動などを行っています。

②熊谷組の歩み
 2018年1月で熊谷組は創業120周年を迎えます。これまでの歩みの中で主要な事柄を年表で示すとともに、
120周年記念ロゴマークを紹介しています。

③トップコミットメント:樋口社長
・2016年度の振り返り
・生産性の向上に向けて
 1.「ICTの積極活用」による生産性の向上
 2.「安全・品質・環境 No.1」を通した生産性の向上
 3.「ダイバーシティの推進」を通した生産性の向上
・「建設サービス業」の追及で収益性の向上を目指す
・心の組織化で誰からも強制されない愛社精神を醸成
・熊谷組グループの海外展開は10年がかりで ・マンション施工問題について

④熊谷組の「社訓」「経営理念」「グループビジョン」
熊谷組の創業の精神が示され、これらの実践により、企業としての価値を高め、信頼され、社会に貢献できる企業を目指します。

⑤グループビジョンの浸透と定着に向けた展開
熊谷組グループのビジョンはお客様や社会にお届けしたい価値を明確にし、5年後10年後に向けた当社グループの目指すべき姿を示しており、2016年4月に公表しました。この項ではその浸透と定着に向けた活動を紹介しています。

⑥中期経営計画2年目の報告
・中期経営計画の概要及び進捗状況
・事業戦略
・グループ成長戦略に関する取組みの具体例として人材流動化について紹介

⑦「高める―技術力を高め、人間力を高める」
・未来を見据えた技術(技術本部の設置および各種技術の紹介)
・全員参加の経営―ダイバーシティに挑む熊谷組
・働きがいのある職場づくり(人事制度、人材育成)
・ワークライフバランス(出産・育児・介護支援、社員の健康サポート)
 当社グループの価値創造の源泉となる技術や人事制度について紹介しています。競争力を強化し、
生産性を向上させる次世代独自技術の開発やダイバーシティの推進や働き方改革につながる取り組みについて紹介しています。

⑧「つくる―独自の現場力でしあわせ品質を実現する」
・安全衛生管理に関する取り組み
・最良の品質保証と環境保全を目指して
・熊谷組グループの環境保全活動
・【特集】未来につながる門をつくる(仮称)柏の葉三番街西棟賃貸住宅計画
・【特集】地域連携の新たな道を拓く 東北中央自動車道やまがたざおうトンネル工事
 熊谷組グループのものづくりの姿勢を紹介しています。建造物の外形的・機能的な品質はもちろんのこと、そこに集う人が満足し続けられる「しあわせ品質」をお届けするために、安全・品質・環境 No.1を目指して、ものづくりに取り組んでいます。

⑨「支える―お客様とともに歩み続ける」
・熊谷組のCS活動
・長期にわたりお付き合いいただいているお客様(4事例)
・外部表彰/企業統治/役員紹介/業績ハイライト
  完成後も運営、維持管理、修繕、再生まで一貫して携わり、新しい物語が生まれ続ける暮らしの舞台を、時代や世代をこえて支え続けていきます。また、お客様に信頼されるためコーポレートガバナンスを強化し、リスクマネジメントの徹底に取り組んでいます。

 

3.熊谷組グループ コーポレートレポート2017

  
 仕様:A4・64ページ
 発行部数:14,000部
 発行日:2017年8月31日
  ※ダウンロードはこちらのページです。



  
本リリースに記載している内容は発表日時点のものですので、あらかじめご了承願います。

 

【本リリースに関する問い合わせ先】
株式会社 熊谷組  コーポレートコミュニケーション室 広報グループ    電話 03-3235-8155
BACK
PAGE TOP