プレスリリース

音カメラKYORImo(キョリモ)の開発について

平成23年12月7日

音カメラKYORImo(キョリモ)の開発について

株式会社熊谷組(取締役社長:大田 弘 本社:東京都新宿区津久戸町2番1号)は、 中部電力株式会社(代表取締役社長:水野 明久 本社:愛知県名古屋市東区東新町1番地)と共同で、このたび、従来の音カメラ※が保有する音の「見える化」機能に加え、測定点から音源までの距離を把握することができる音カメラ「KYORImo(キョリモ)」を開発しました。

1.背景

 従来の音カメラは、パソコンのディスプレイ上で音の発生方向・大きさ(音圧レベル:dB)・周波数(Hz)を把握することにより、騒音対策や異常音探査に活用することができました。
しかし、2つ以上の音の発生方向が同じ場合、測定結果表示が画面上に重なることから発生源を特定するためには、複数場所からの測定を行い、時間を要することがありました。また、河川や山間部、電力設備(充電部)付近などでは、測定場所の移動が出来ないこともありました。


2.概要

 今回開発した音カメラ「KYORImo」は、これまでの音カメラのマイクロフォン群2組を用い、それらの設置間隔およびそれぞれのマイクロフォン群から得られる発生方向(水平角度)のデータから三角測量の原理により、測定点から音源までの水平投影距離をリアルタイムで表示することを可能としました。


 

 

 

3.今後の展開

 本開発品を利用することにより、異常音等の発生位置の情報を容易に把握することが可能となり、機器の点検や補修の際の作業効率が向上するものと考えております。今後、本装置の幅広い活用方法を検討してまいります。

 

 

[お問い合わせ先]
[本リリースに関するお問い合わせ先]
株式会社 熊谷組  広報室
室長:藤島 幸雄
担当:石賀 慎一郎 (電話03-3235-8155)
[技術に関するお問い合わせ先]
株式会社 熊谷組  技術研究所 都市・居住環境研究部
副所長(兼)部長:大脇 雅直
担当:財満 健史 (電話03-3235-8724)
 

個人のお客さまへ
「音カメラ」(各種)を使用した計測・調査等につきましては、個人のお客様からのご依頼には応じかねますのでご了承ください。

法人のお客さまへ
「音カメラ」(各種)に関するお問い合わせは、最寄の弊社支店「お客さま相談室」、または弊社営業担当者にお問い合わせください。

販売・リース等
「音カメラ」(各種)は、機器の販売・リース・レンタル等は行っておりません。


BACK
PAGE TOP