プレスリリース

現地発生表土の利用による緑化技術 -ネッコチップ工法-

平成19年2月28日

地域在来植物による緑化と生態系の保全
現地発生表土の利用による緑化技術 -ネッコチップ工法-

 株式会社熊谷組(取締役社長 大田 弘 本社:東京都新宿区)とネッコチップ工法研究会(会長 下村 周 事務局:東京都台東区)は、地域植生や生態系の保全・多様化を目的として、現地発生表土を利用した緑化技術を実用化しました。これまで主体となっていた外来草本などによる緑化から、地域自生の植物種を用いた多様性のある自然な植生を復元することができます。また、現地発生表土の採取方法や混合方法などの開発・改良により、効率的・経済的な施工が可能となりました。

 株式会社熊谷組とネッコチップ工法研究会は、伐採木や流木・発生木材のリサイクル技術と、表土を利用した在来種による緑化技術を両輪としてネッコチップ工法の普及展開を行っています。

バックホウによる表土の採取事例法 現地発生表土を用いた生育基盤の造成

現地発生表土を用いた生育基盤の造成 バックホウによる表土の採取事例法

 

1.概要

 近年、外来生物法の施行に象徴されるように「入れない、捨てない、広げない」を外来生物被害予防三原則として、日本古来の植生の保全や生態系の多様化を図ることが求められています。国土の開発や治山・治水などの建設工事において発生する法面や荒廃地の緑化についても例外ではありません。外来生物法の要注意外来生物リストには、これまで緑化の主要植物とされてきた、草本類(ウィーピングラブグラス・トールフェスク、オーチャードグラス、チモシーなど)、木本類(イタチハギ、トウネズミモチ、ニセアカシアなど)が含まれています。日本の地域自然環境や生態系保全には、こうした外来芝草や性質の強健な緑化植物に替わり、地域在来の植物を活用した緑化の推進が不可欠です。
 ネッコチップ工法は、これまで伐採木をリサイクルする緑化技術として多くの実績を上げてきましたが、この実績と施工事例をもとに生のチップ材を用いた生育基盤材の長期的な挙動や推移の調査を実施するとともに、現地発生表土を利用した緑化事例における植生推移の追跡調査を実施してきました。その結果をもとに、人為的に植物の移動・移植を伴わない現地表土を活用した緑化復元技術を実用化しました。生育基盤はこれまでのネッコチップ工法のシステムにより造成し、主要材料である表土の採取法の改善・表土の水分別方法の開発(特許出願中)を行いました。また、緑化の目標を達成させるための現地発生表土や生チップ材の混合率などを確立しました。

2.特徴

①表土を含む現地発生土を有効に利用し表土に含まれる埋土種子や根茎からの発芽・生育により、外部から種子を導入する ことなく在来種を主体とした緑化が可能です。
②落葉・枝あるいはレキなど、従来の吹付方式では利用できなかった大きなものが含まれた現地発生の表土であっても、ネッコ チップ工法専用のベルトコンベア方式を用いて、そのまま生育基盤材料として使用することができます。また、在来種の成立に 有効な表土に含まれる根茎なども撒きだすことができます。
③現地発生表土と生のチップ材の混合により、団粒構造を有する植生に適した生育基盤を造成することができます。
④表土のみではなく、現地発生土(掘削土など)・チップ材と混合して生育基盤を造成することにより、表土の採取量によらず経 済的な緑化が図れます。
⑤埋土種子を利用した緑化では、目的の緑化を達成するためには多くの時間が必要とされますが、ネッコチップ工法により造成 された生育基盤は、長期的に植生に適した状態で安定を維持することができます。

3.今後の展開

 株式会社熊谷組、ネッコチップ工法研究会は共同で、表土利用技術とリサイクル技術を組み合わせたネッコチップ工法を法面・荒廃地などの緑化工事への積極的な営業・受注活動を行います。また、大型工事や災害復旧・防災工事などへの企画・技術提案などに活用して行きたいと考えています。また、これまでの施工事例・調査事例をもとに表土利用に関する技術マニュアルの作成を進めて行く予定です。

現地発生表土に含まれる植物の成立

[お問い合わせ先]
[本リリースに関するお問い合わせ先]
株式会社 熊谷組  広報室
室長:藤島 幸雄
担当:石賀 慎一郎 (電話03-3235-8155)
[技術に関するお問い合わせ先]
株式会社熊谷組 土木事業本部 環境・リニューアル技術部
部長:岩井 孝幸
担当:横塚 享 (電話03-3235-8646)
   ネッコチップ工法研究会
    事務局:日特建設株式会社 技術本部 内
         工藤 正信(電話03-3542-6953)
         株式会社ファテック
         宇野 定雄(電話03-3235-6269)
BACK
PAGE TOP