プレスリリース

無線LAN対応電磁波吸収建材を開発

平成16年11月10日

無線LAN対応電磁波吸収建材を開発

株式会社熊谷組(取締役社長 鳥飼 一俊、本社 東京都新宿区) 、吉野石膏株式会社(取締役社長 須藤永一郎、本社 東京都千代田区)、王子タック株式会社(代表取締役社長 山本 光征、本社 東京都中央区)、は、青山学院大学理工学部電気電子工学科橋本修教授の指導を受け、2.45GHz、5.2GHz帯無線LAN対応の高性能、且つ安価な電磁波吸収建材を開発し、販売・出荷体制を確立いたしましたので、お知らせいたします。

1.背景

インターネットやLANの普及した現在、コンピュータ相互間で大量データの高速通信が行われており、最近では高速無線LANが急速に普及しつつあります。無線による通信では、壁や天井、家具等での反射波の影響で、受信するデータの認識に支障をきたし、通信速度が低下する場合があります。

本来の無線LANの持つ高速通信を達成するためには、これらの余分な反射波を効率よく吸収してやる必要があります。

45GHz用電磁波吸収建材

45GHz用電磁波吸収建材

2GHz用電磁波吸収建材

2GHz用電磁波吸収建材

 

2.製品の概要

電磁波を吸収する建材には、磁性粉末や導電性粉末を建材に混入する一層型吸収体や、抵抗皮膜と電磁波反射板の間に誘電体を挟んだ1/4λ型吸収体があります。本製品は、後者の 1/4λ型吸収体に分類されます。

  • (1)2.45GHz(IEEE802.11b、802.11g)対応の電磁波吸収建材は、表面に抵抗皮膜を貼り付けた9.5mm石膏ボードと、裏面にアルミ箔製の反射膜が取り付けられた9.5mm石膏ボードから構成されます。(図1-1)  
  • (2)5.2GHz(IEEE802.11a)対応の電磁波吸収建材は、表面に抵抗皮膜、裏面にアルミ箔製の反射膜が取り付けられた9.5mm石膏ボードから構成されます。(図1-2)
3.本製品の特徴
  • (1)高い電磁波吸収効率
    無線LANで使用される周波数が、2.45GHz、5.2GHzに限定されることから、ピンポイントの周波数で大きな吸収量が得られる1/4λ型としたことにより、簡単な構造でありながら、20dB以上(入射エネルギーの99%の吸収)の高い電磁波吸収効率を持っています。
  • (2)低コスト
    新開発の抵抗皮膜と石膏ボード組み合わせ使用することにより、従来の電磁波吸収建材に比較して、低いコストを実現しました。
  • (3)施工が容易
    抵抗皮膜、アルミ箔を貼り付けた石膏ボードを使用するため、在来の内装仕上げ工事と同様の工法がそのまま利用できます。また、壁紙等の内装仕上げも、抵抗皮膜の上から従来と同様に行えます。
4.性能確認試験結果
  • (1)電磁波吸収性能
    2.45GHz、5.2GHz両帯域とも、通常の室内環境下で、電磁波吸収建材の表面に壁紙等内装仕上げを施した場合でも、電磁波の垂直入射に対し20dB(入射波のエネルギー99%を吸収)以上の電磁波吸収性能を有しています。(図2-1、2-2)
  • (2)通信速度(図3)
    上記2.45GHz用電磁波吸収建材を用い約25m2の実験室(壁4面金属面)の壁4面に施工した場合、室内全域で1秒間に通信出来る情報量の平均値は20Mbps(通信速度が施工前の5割以上向上)の高速通信が確認できました。また、5.2GHz用電磁波吸収建材を同室に施工した場合は、22Mbps(通信速度が施工前の約1割向上)の通信速度が確認できました。これら測定された通信速度は、無線LAN機器を供給する電気メーカが公表している最高の通信速度(22~25Mbps)に近い値となっています。
5.今後の展開

本電磁波吸収建材を電磁環境制御に役立つ重要なツールとして、事務所、住宅、病院、学校など顧客に対し積極的に提案していく予定です。現在特許出願中であり、今後も、電磁波吸収性能の更なる向上に向け改良に取り組む予定です。 2周波数帯対応(2.45GHz&5.2GHz)電磁波吸収建材についても、設計が完了しており、研究室レベルの性能確認実験が完了しています。今後、商品化に向けた取り組みを行います。

また、本建材は裏面にアルミ箔を有しているため、電磁遮蔽性も有しており、今後改良を加え、簡易電磁波遮蔽建材としても使用出来る様、高機能化に取り組みます。 なお、現在のところ、吉野石膏(株)、(株)ファテック(熊谷組グループ)より、「タイガーEAボード」として販売を行う予定です。

電磁波吸収建材(タイガーEAボード) 補足資料(pptファイル)

[お問い合わせ先]
株式会社 熊谷組  経営企画本部広報部
部長:藤島 幸雄
担当:石賀 慎一郎 (電話03-3235-8155)
[技術に関するお問い合わせ先]
株式会社 熊谷組  技術研究所 建設技術研究部
先端研究生産施設グループ
担当:鈴木 宏和 (電話 03-3235-8617)
[販売に関するお問合せ先]  現在は取扱いしておりません
株式会社 ファテック  開発営業部
担当 :松岡直人 (電話 03-3235-6269)
吉野石膏 株式会社 吉野石膏DDセンター
担当 :平山廣二  (電話  03-3284-1181)
BACK
PAGE TOP