熊谷組ロゴ

熊谷組の今

ものづくり最前線

(仮称)ららぽーと和泉新築工事(建築)
(仮称)大阪府和泉市あゆみ野所在商業施設計画のうち開発工事(土木)

現在大阪府和泉市では(仮称)ららぽーと和泉の建設が着々と進んでいます。特筆すべきはその巨大な店舗。横300m、縦100m、5階建て、完成すれば200以上のテナントが入る巨大建築物の工事には、事業主・設計者・施工者の綿密な連携や、建築工事に先立って進められている土木工事との連携が欠かせません。
平成26年1月、急ピッチで工事が進められる現場を訪ねました。

ららぽーと和泉空撮

 

ニュータウン開発が進む、和泉市に 1日遊べる!ららぽーとが誕生

大阪府和泉市は大阪府南西部の泉北地域に位置し、近年ニュータウンの開発が進み、若いファミリー層が増加しています。現在、その和泉市に、2014年に開業予定の大型ショッピングセンター ららぽーとの建設が進んでいます。

ららぽーとは三井不動産株式会社が運営する大型ショッピングセンターです。建物内にはファッションや生活雑貨・娯楽施設などの多種多様な店舗等を配置し、全国に現在7店舗を展開しており、各店舗とも大きな賑わいを見せています(2013年2月現在)。

(仮称)ららぽーと和泉の建設地は和泉市あゆみ野、テクノステージと呼ばれる企業が集中する地域に隣接する敷地面積114,337m²のエリアで、施設は外周道路から高低差10メートル以上の丘の上に建設されます。施設は鉄骨造 地上5階建て、2・3・4階部分が店舗等、1階・5階と屋上部分が駐車場となる予定です(駐車場は他にも設置予定)。また建築工事に先行して造成、橋梁、アクセス道路等、大規模な土木工事も行なわれおり、熊谷組は開発工事の施工と施設部分の設計・施工を担当しています。

ららぽーと和泉を運営する三井不動産(株)岡部さんに、ららぽーと和泉について伺いました。

「和泉市はここ20年くらいで、30~40代のファミリー世代が増えています。また阪和自動車道 岸和田和泉ICからも程近いという交通アクセスのよさからも多くのお客様のご来場を見込んでおります。

「ららぽーと」は高感度ファッションから飲食、サービスや非日常のエンターテインメントまで、ショッピングだけにとどまらす、お客様のさまざまなニーズやウォンツにお応えする三井不動産の「リージョナル型商業施設」です。

ららぽーと和泉についても、買い物をする場であること加え、ショッピング以外の目的でもご来場いただき、集い・寛いでいただけるような施設を目指して開発・運営してまいります。

公共道路に私設の橋をかける稀な工事

公共道路に私設の橋をかける

土木工事の大きな特徴のひとつは、公共道路の上部に、2つに分かれたエリアを結ぶ橋を構築することです。 敷地は施設が建つエリアと、一般車道を挟んだ反対側に駐車場が建設されるエリアに分かれています。橋はその2つのエリアが、車で行き来できるよう3車線を有する幅13m 長さ34mという大きなもので、公共の車道の上に私用の橋を架ける工事は、大阪府でも数少ない事例です。

施工にあたっては、約2週間 夜間車道を全面通行止めにする必要がありました。土木工事を担当する山城 所長は「施工はもちろんのこと、通行止めにする際は細心の注意を払いました。けれど私たち以上に発注者である三井不動産さんが、協力してくれたので乗り切ることができ、私たちは施工に集中することができました」と話します。 また三井不動産(株)の岡部さんも「熊谷組のみなさんは多くのことを事前に率直に話してくれるので、みんなで意見を出し合い、検討し解決して次のステップに進めることができます」と語ります。2人の様子からは、「現場は工事に関わる人たちの意見や思い、行動が集積してできあがっていくものだ」ということが伝わってきます。

開発工事ではこの他、敷地内の道路工事なども行なわれています。道路は建物よりも先に引き渡され、供用が開始されることから、現在急ピッチで工事に取り組んでいます。

神殿のような巨大構造物

鉄でできた神殿のような装い

建築を担当する各所長にこの計画の特徴を聞くと、声を揃えて「とにかく大きいことが特徴」と話すように、建物の大きさは長辺が300m・短辺は100mにもなります。取材に訪れた1月末には鉄骨がほぼ組みあがった状態で、その様子は鉄でできた神殿のような装いを見せていました。

内部店舗階は3層吹抜けで、約200を超える店舗をお客様が一周できるサーキットモールという配置を採用しています。また大規模な集客施設であることから、特に環境対策、安全対策、耐震対策に配慮し設計されています。

設計を担当する服部部長は「当計画の各設計担当者は設計に当たり、事業主様の各部門( 事業、設計、内装監理、品質監理、リーシング、運営管理、デザイン(エキステリア、インテリア、サイン、外構))及び各個別テナントの方々、行政の方々と打合せを重ね、設計をまとめていきました。運営、収益、安全、デザイン等、どれもおざなりには出来ず、複雑に関係します。共通して言えることは、規模が大きいので、設計項目ごとの仕事量が、通常の倍以上あるということです」と大きい施設でも細部まで丁寧に計画・設計され、施工が進められていることを強調します。

内部 外部

建築工事を担当する林所長、堀江所長に話を聞くと、「発注者のプロジェクトを担当するデザイナーの方や各部門のプロフェッショナルな方々と関われることがなにより刺激になる。これは大きなプロジェクトだからこそ。様々な事柄について打ち合わせを行ない、決めて、まとめていくことは時間と体力を多大に費やし、またプレッシャーもかかるが、やりがいはとても大きい」と現場に携わることで得られる達成感の大きさを語ってくれました。

コミュニケーションをとりながら、ひとつの方向へ向かう

現場に携わる社員は30名を超え、地元 関西支店からだけでなく全国の支店から集結しています。担当者は開発・設計・建築・設備などに分かれており、それぞれの任務を滞りなく遂行するには、他部門との連携が重要です。

総合定例会議

全部門の担当者が出席する総合定例会議では、全部門の報告を担当者らが自分の頭に叩き込む場、まるで授業のような場と喩えて話す社員も。それぞれがしっかりと他部門の状況を理解することが不可欠です。そうして得られた情報を踏まえ、各部門ごとにプロフェッショナルな視点で、打ち合わせを行い、意見をまとめて、ららぽーとという施設を造っていきます。

この大所帯をまとめるのは前出の山城所長、林所長、堀江所長、そして全体を統括する和田工事所長の4名。和田工事所長は「総括責任者として、三井不動産のみなさまとの良好な関係を保ち、3人の所長をはじめ社員・作業員が厳しい状態でも明るく元気に怪我なく仕事ができる環境を整えることが自分の役割」と話します。その言葉を裏付けるように、4人の所長へのインタビューでは、力強い口調と時には見せる笑顔から、お互いに信頼しあい、しっかりと連携するチームワークのよさが伝わってきます。発注者である岡部さんからは「大きな現場でありながら、よくコミュニケーションが取れている現場だと思う」という言葉も。また設計を担当する服部部長は「設計・施工がゆえに、それぞれの状況を理解し・調整し、知恵を絞り良い方向に計画を進めています」と設計と施工を当社が担当することのメリットを話します。

こうした強い連携と、全国で工事に携わってきた経験豊富な社員がいることから、工事に必要な人やモノの手配など、熊谷組の人と人とのネットワークを生かして解決できたこともあり、助けられた部分も多いと所長らは話します。

4人の所長 4人の所長

取材当日の工事従事者は約300名。これから工事は全盛期を迎え、社員・協力会社を含めると1日2000人近い人が携わることになります。

「熊谷組の社員は何か起きても、『なんとかしなくちゃいけない』と、課題に対応しようという能力が長けている。それは全国の社員が同じように持っている能力だと思う」「熊谷組の社員は真面目で、各人が無骨に動き、努力する」とインタビューに応じた担当者は熊谷組の社員のパーソナリティを話します。

林所長は「ひとりひとりにできることはとても小さい。その力を同じ方向に向かわせ、大きな力に変えるのが所長の役割だと思う」と自らの役割を話し、堀江所長は「テナント工事が入る環境を整えるこれからが正念場。これからが大変だが、がんばっていきたい」と力強く意気込みます。この大きなプロジェクトはそうした関わる一人ひとりの力を集結して2014年の開業という大きな目標に向けて、現在も進んでいます。

現場外観

【工事概要(建築工事)】

工事名:
(仮称)ららぽーと和泉新築工事
発注者:
三井不動産 株式会社
設計者:
株式会社 熊谷組 一級建築士事務所
監理者:
株式会社 熊谷組 関西一級建築士事務所
施工者:
株式会社 熊谷組 関西支店
工期:
平成25年7月15日~平成26年9月30日
概要:
規模商業施設(モール型商業施設、大型物販店舗)
鉄骨造
地上5階建て
敷地面積:
114,337m²
延床面積:
166,735m²

【工事概要(土木工事)】

工事名:
(仮称)大阪府和泉市あゆみ野所在商業施設計画のうち開発工事
発注者:
三井不動産 株式会社、三井住友ファイナンス&リース 株式会社
開発設計者:
株式会社 オオバ
施工者:
株式会社 熊谷組 関西支店
工期:
平成25年5月13日~平成26年9月30日
概要:
大規模商業施設(モール型商業施設、大型物販店舗)のうち開発工事
敷地面積:
174,606m²
(開発面積167,919m²、関連区域6,687m²)
既設物撤去工1式(場内小段排水・場内防災設備・地区外歩道・他)
切土88,450m³、盛土78,310m³、建築盛土10,140m³
道路舗装工、擁壁工、橋梁工、雨水排水工、その他工事(防火水槽)

Previous Page Go to Page Top