熊谷組ロゴ

熊谷組の今

ものづくり最前線

当ホームページでは「ものづくり最前線」と題して、熊谷組が携わる工事の特徴や技術、そしてそこで働く社員らにスポットをあて最前線として紹介します。

斗南病院新築工事

斗南病院新築工事

冬の寒さが厳しい北海道。その中心都市の札幌で、寒さを吹き飛ばすような熱さ溢れる熊谷組の現場が稼動しています。斗南病院新築工事、札幌駅から徒歩6分という街の中心地に243床の病院が産声を上げようとしています。病院が目指す「全員でつくる病院」を、発注者のみなさんと熊谷組の社員をはじめ工事に携わる人がひとつになって、完成に向かっています。特記すべきは、20ヶ月という、同規模の病院と比較すると短い工事期間。使う人、作る人の想いが積み重なり、そして工期短縮のために様々な工夫などが盛り込まれた斗南病院の建築現場をご紹介いたします。

本文を読む…

都市計画道路安浦下浦線深礎擁壁新設工事

都市計画道路安浦下浦線深礎擁壁新設工事

横須賀市の東部を南北に伸びる都市計画道路、安浦下浦線。三浦半島の広域ネットワークの形成と周辺道路の交通渋滞緩和を目的として続けられてきたこの都市整備事業では、横須賀市長沢6丁目付近で丘を切り開いて440mの直線道路を構築します。地域に横たわる地層は、空気に触れるともろく崩れ、水分を含むと粘り気を帯びて急速にやわらかくなる特性の葉山層。このような地盤で工事を進めるには、万が一に備える安全への取り組みと、社員らの現場力、そして熊谷組の組織一丸となった技術力が不可欠です。

本文を読む…

有楽町線小竹向原・千川間連絡線設置シールドトンネル工区土木工事

有楽町線小竹向原・千川間連絡線設置シールドトンネル

東京・板橋区、東京メトロ有楽町線の小竹向原駅と千川駅間の地下では、新たな連絡線を設置するためのトンネル工事が行なわれています。この区間では小竹向原駅を共用する副都心線が有楽町線と平面交差するため列車の通過待ちが生じており、輸送の安定性向上のために連絡線の建設が必要でした。

本文を読む…

野火止浄水場高架水槽築造工事

野火止浄水場高架水槽築造工事

埼玉県の新座市では、水に関わるひとつのプロジェクトが進んでいます。それは高さ33m、直径13mの巨大なステンレス製の高架水槽を築造するもの。災害時には被災者の給水拠点にもなるこの水槽は、メンテナンスや長期のコストなど様々な面から検討が行われ、導入が計画されました。

本文を読む…

ららぽーと和泉新築工事

ららぽーと和泉新築工事

現在大阪府和泉市で建設中の(仮称)ららぽーと和泉。特筆すべきはその巨大な店舗。巨大建築物の工事には、事業主・設計者・施工者の綿密な連携や、建築工事に先立って進められている土木工事との連携が欠かせません。急ピッチで工事が進められる現場を訪ねました。

本文を読む…


Previous Page Go to Page Top