新着情報

新年のご挨拶

 平成29年の新春を迎え、謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。
 震災により復旧・復興の道を歩んでおられる被災地の皆様、また未曾有の豪雨や台風によって甚大な被害にあわれた皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げます。
 また、日頃よりご愛顧いただいている皆様に対しまして、厚く御礼申し上げます。

 

 さて、昨今の建設業界は、各社とも業績はおおむね好調であり、明るさを取り戻しています。これは約20年にわたって続いた建設投資の減少にようやく歯止めがかかり、公共投資や2020年の東京オリンピック開催に向けた準備など、建設需要が拡大したことによるもので、日本経済に重大な影響をおよぼす事象が生じないかぎり、しばらくはこの事業環境は続くと思われます。

 しかしながら、社会全体を見渡してみますと、このまま景気が回復し、今後さらに日本経済の活性化が進んでいくかどうかは、相変わらず不透明なままです。また、建設業界に目を転じてみましても、人口減少などにともなう建設投資の更なる縮小や建設技術者・技能労働者といった次世代の担い手不足などの差し迫った課題に直面しており、決して安穏としていられる状況ではありません。

 

 こうした事業環境のなか、私たち熊谷組グループは10年後も20年後も社会のお役にたち、お客様からも必要とされる企業グループをめざして、平成27年に新たな中期経営計画(三ヵ年計画)を策定し、グループ経営による事業相乗効果の創出(グループ成長戦略)とイノベーションによる建設サービス業の実現に取り組んでまいりました。
 来年(平成30年)1月、熊谷組は創業120年の節目を迎えます。この節目を新たな熊谷組グループの出発点にすべく、この三ヵ年計画の締め括りとなる今年、私たちは具体的な取り組みをさらに加速させ、しっかりとそして確実に定着させてまいります。

 そして私たちは、厳しく困難な時代にも多大なご支援をくださった皆様へのご恩と感謝を忘れず、「お客様のニーズに応える技術力とソリューション力」「お客様に向き合う誠実さ」「お客様に信頼と安心をお届けする営業力と現場力」にさらなる磨きをかけ、これからも確かな品質のものづくりに邁進してまいります。

 

 皆様におかれましては、本年も変わらぬご愛顧とご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。

 


以 上

 


株式会社 熊谷組
代表取締役社長
署名 - 樋口靖

平成29年1月1日

 

 



BACK
PAGE TOP