新着情報

新年のご挨拶

 平成26年の新春を迎え、謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

 未曾有の大災害から1000日余が経過いたしました。今なお復興の道を歩んでおられる被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。加えて過去に経験したことのない豪雨や台風で被害にあわれた方々に対しまして心よりお見舞い申し上げます。また、日頃よりご愛顧いただいている皆様に対しまして、厚く御礼申し上げます。

 

 昨年は安倍政権の経済政策『アベノミクス』が本格的に動き出すとともに、『国土強靭化』、『東京五輪の開催決定』『リニア中央新幹線のルート決定』など、建設市場を後押しする話題も豊富に発現し、我が国経済においても、また建設業界においても、大きな潮目の変化が感じ取れた1年でした。


 景気回復の実感はまだ完全には浸透しておらず、デフレ脱却は道半ばではありますが、今年は、所得環境が改善するなかで消費が緩やかに増加し、企業マインドの改善を背景に設備投資も持ち直してくることも見込まれ、景気の回復が徐々にではありますが確かなものになることが期待されます。


 このような環境の中で、社会の要請、お客様の期待にしっかりとお応えしていくためには、お客様の立場、目線に立って、かつスピード感を持って対応することが何よりも大切だと考えております。


 弊社は、国土の安全・安心、国民の生活を守るという建設業の使命を心に刻み、「誠実な営業、誠実な施工、誠実なフォロー」を徹底して実践し、お客様のお役に立てる熊谷組を目指して、さらに成長の速度を早めてまいります。


 皆様におかれましては、本年も変わらぬご愛顧とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

 


以 上

 

株式会社 熊谷組
代表取締役社長
署名 - 大田弘

平成26年1月1日

 

 



BACK
PAGE TOP